メイプル内での活動や、その日の起こったことをなんとなく書き込む、そんな日記です。

牛乳のなんかよくわからない日記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
もっと上へ
ついこの間の日曜日の話だ。

新宿にスタジオ練習するため、電車でお茶の水まで行った。


千代田線の新御茶ノ水駅からJRの御茶ノ水駅まで、かなり近い。

だからJRに乗り換え、JR中央線で二駅。
新宿に行くには最高に早いポイントだった。





重たいギターと重たいエフェクターボード。それを一緒に運ぶために、手押しできるカートに乗せて運んでいた。


カラカラと音を立てるカート。場所が場所なら、迷惑な音量だっただろう。





そして新御茶ノ水駅のホームは、だいぶ地下深くにあった。
東京23区内で最も長いエスカレーターがあるというだけはあって、地上のレベルに出るためにはかなりの時間エスカレーターに乗っていなければならなかった。


だから、乗客がエスカレーターに乗るのは当たり前のこと。




新御茶ノ水駅を降りた俺はそのままカートをガラガラさせながら、エスカレータに乗る長い列に加わった。
そしてゆっくり進んで行く列。

その時はただ、漫然と列を待っているだけだった。




そして次の順番で自分がエスカレーターに乗れる
その順番に来た。


前の人と十分な距離を保てたら、タラップに足をかけ・・・





そこで俺は動くことが出来なかった。

目の前の人の挙動が、あきらかにおかしかったからだ。



最初はただおかしかったとしか感じなかったが、すこしすると「ああ、体勢がおかしい」という事に気付いた
このままだと転んでしまうと、理解できた。

そして案の定、目の前で二人のおばあさんがエスカレーターから転落した。






それを目撃した自分はただぼーっと見ているだけだったのだが、すこしすると体が動いていた


助けなきゃ





荷物であるギターのカートをわきに放り出し、倒れた二人のおばあさんを救出するために走った。







幸い、命にかかわるような事故ではなかったし、骨折もなかった。
おばさんはその後笑顔で「やっぱり、ちゃんと手すりに捕まってないと駄目だわね・・・」と言っていた。


そして地上のレベルまで来ると、俺に一言お礼を言った。
ただ俺はそのお礼に笑顔で会釈してその場を去った。













その後、その事について中央線の快速の車内で、ぐだぐだと考えをめぐらせていた




自分は人を助けた。


それも二人だ。




動いた。
助けた。

他の人より早く、動いた。





たしかに事実はそうだ。

そのような事実があったことだけは事実だ。





でも、それを俺は簡単に考えられなかった。




















 どうしてもっと早く動くことが出来なかった?










たしかに動いたし、助けた。

お礼を言われる程度の事は出来た。



 だからどうだというのだろう?





思い返せばおばあさんが体勢を崩した所で動くべきだった。

なのにその瞬間、何も出来なかった。






荷物があったから?
それも重たいから?




 黙ってろよ
 そんなもんは言い訳だろ











もっと早く動けていたら、もっと違ったのに


エスカレータの床に倒れ付すその一寸前に、助けられていたはずだった。


おかしいと気付いた瞬間に走り出せてさえいれば、あの二人のおばあさんは倒れる前に助けられたはずだ


痛い思いをさせられなくて済んだはずだ





  俺のこの二つの腕なら、おばあさん二人ぶんの体重くらい余裕で支えられただろうが










もっと早く動くことが出来ていれば・・・


それが俺の思いだった。










これが親父ならどうしただろう?









親父は融通の利かない人間だ。

色々と人に嫌われるような側面もあった。


中学の時なんか俺の親父が怖すぎるせいで、当時のヤンキーグループが俺だけカンパの対象外にしたくらいだ。





だがそんな親父でも、動く時は動けていた





あるとき、家の二階が燃えているところがあったらしい。
家の中で住んでいる老人はそんなことに気付くこともなく、普通にしていたそうだ


次第にまわりに人だかりが出来始め、野次馬でごったがえした




その光景を見た親父は、群集をかきわけ土足でその家に入り、怒鳴りつけたそうだ



「じいさんとばあさん!大事なもの持って表に出ろ!二階が燃えてんだよ!」







その行動で老夫婦は救われ、通帳やそれぞれ個人の大切なものは守られた。

親父はそんな状況でも動けていた。









俺がまだ1才とかのころの話だ。

家族でどこかに旅行に出かけた


バスでの旅行だったらしいが、その時の記憶がないのであまり覚えていない。



突然、バスが急停車した。

どうやら、自分達を乗せたバスが、人をはねたらしい。




親父はその瞬間を目撃したと同時に、停車したバス内から駆け出し、真っ先に交通整理を始めたという話だ。























 ここまで動ける人間が他にいるか?


親父が俺と同じ状況下に置かれたなら、疑うことなく二人のおばあさんを助けられたはずだ


それも二人が倒れるより早く、二人を支えることができただろう


たいした怪我も負わせることなくすんだだろう。




















そう思った瞬間に、悔しさがこみ上げてきた。










 子供の必要条件ってなんだ?


それは、親を超える事だ。







それなのに俺は、全く超える事ができないでいた

















いろんな出来事があったけど、やっぱり自分はまだ未熟者だったと思う。

数個前の日記では“大人になった”だとかほざいていたが、全くと言っていいほど大人になんてなれていなかった。


親を超える事なんて、まだ雲の上の出来事。






まだ未熟者だ。


もっと、上に行きたい















そう思えた、日曜日の昼下がりだった。
スポンサーサイト
| 日記 | 00:31 | トラックバック:0コメント:3
よく、わからないよね
会社の雰囲気には慣れてきたが、社会人には慣れてきたのだろうか甚だ疑問な牛乳ですこんばんわ~


まあ生存確認とでもとってくださいw

まだ生きてますよー的なねww















やっぱ、仕事って難しい


会社に入る前に思ってた仕事と、会社に入ってから思う仕事って全く別だもん。


なんつーのかな?

会社に入る前に思ってた仕事って、つまりは“作業”だったんだよね。



作業は郡を抜いて出来るほうに入るから、それで少し慢心してしまったりしましたし・・・



でも仕事って“作業”だけじゃないんだよね。

報告・連絡・相談だとか、人間関係だとか・・・



仕事を覚えるって、なかなかできない

作業なら覚えられるけど、仕事って難しいわ・・・





実際にさ、あった出来事なんだけどね

目の前に先輩が来て、俺に指示を出すわけよ。



「Aをやっといてね。・・・あー、Bもやんないとなー・・・。Cもあるし・・・」



こういう風に目の前で呟いたのね


で、それを聞いて俺はどうしたかというと



Aをやりつつ
Bを完遂し
Cに備えておいたんだ


で、先輩の評価はどうだったと思う?




高評価だと思う?



違う。
答えは簡単

“業務命令違反”





最優先事項であるAをほっといて、やれといってないBとCをやるのは業務命令違反だってさ


それを聞いてちょっと考えてしまったよ。






やっぱ仕事のひとつの要素として“作業”はあるけど、それだけじゃないんだなって


重要なのはコミュニケーションだったり、人間関係だったりするしさ






職場ですごく作業的には使えない“w”てやつがいるんだけどね


俺もあまりの使えなさににクソミソ言ってたりするんだけど・・・




でも先輩はこう言った



「技術的な部分なら、wを切って牛乳を残す。・・・人間的な部分なら、牛乳を切ってwを残す」




・・・たしかに、そうかもしれないと思ったね




俺は中途半端に“出来る”分、確認とかをおろそかにしがちな面がある


“w”は“作業”はできなくても

・どんなにキレまくる先輩が居ても逃げずに次にやる事を聞き続け
・仲間が大声あげて怒鳴ったりするときは、いち早く駆けつけてくれる


・・・


前者は根性があるという見方をされて
後者は人間関係の配慮という点で優れてるとみなされてる


そりゃそうだ
チームの雰囲気が最悪の時に、いち早く仲裁に入ろうと息せき切らせて駆けつける

人間関係の配慮は最高に良いよね






その点俺はどうかというとさ

「一つのラインを一年で任されるようなことは普通の会社にはねぇよ。なのにお前はそれを誇りに思わないで、めんどくせぇと思ってる。それ、違うんじゃねぇの?」

といわれた。




・・・作業ばかりに特化した報いだろうなぁと思ったね




人生でおろそかにしてた部分、俺の場合、それが熱意だったりする。

たとえば機械に重大なエラーが起きた時、俺は涼しげな顔で対処するけれど
周りの人は走って、汗だくになっても走って、機械油にまみれながらも一生懸命にエラーに対して対処しようとする


やっぱ、見方として違うよね

他部門の奴がその現場見た時、どんなに俺がエラーの対処が上手かろうがさ、頑張って治そうとしてるのは俺じゃなくて走り回ってる奴なんだよね

だって俺のエラー処理の力量とか、他部門の奴にわかるわけねぇし


・・・先輩いわく、その走り回って治そうとするその姿勢が、“正しい「カッコの付け方」”だそうだ


・・・なんだか、色々と考えさせられる。


やっぱ仕事って難しい

人間関係も絡んでくる仕事って、すごい難しい・・・





俺はこの後、立派な社会人になれるか、ちょっと疑問だなぁ・・・

















けれど、俺より心配な人がいたりする



それが31歳の先輩だ


俺の部門には俺と俺の同期、31歳の先輩と45歳の最高齢がいる

4人だ



さっきの「俺を残して他を切る。wを残して」とかの話しの中では、その31歳の先輩は既に“切られる事前提”で話しをされている


・・・仮定の話だったけど、これはきついよね



だって、後輩の前でめちゃくちゃになじられてるわけだもん。





それでも、作業的にはすさまじいくらい出来る人だよ?


各作業で最速タイムを保持してるし、大仰な機械設備なんかはその人なら涼しげにエラー対処ができる

他の人にはできないよ



それなのに、切るだの切らないだのの話をする時に、前提条件で31歳の先輩が切られる筆頭で話される。




・・・やっぱ作業はできても、仕事という面ではどうなんだろう?って事なんだろうね。


やっぱ、仕事って難しいよ。
俺じゃ、まだ理解できねぇもん。



















・・・そんな、社会人二年目の戯言でした。
| 雑談 | 02:45 | トラックバック:0コメント:0
死ねばいいよ、こんなやつ
と、すぐに昔は結論付けていたんだろうなあ・・・
どうも、牛乳です



MIXIではちょっと書けないことを、適当にグダグダ書こうかと思います。






見たのはMIXIのニュース記事

模倣犯か同一犯かはよくわからないけど、また背中にイタズラされたネコが保護されたそうだ。
そしてこのニュースに対するほかの人たちの反応といえば・・・


・かわいそう
・こんなことする奴の気がしれない
・死ねばいいのに

こういう反応が9割9部ほどをしめていた

残りはというと

・いや、でも獣害というものがあってだな・・・
・切り刻まれたスーパーに売ってる肉には何もいう事ないのか?
・どーせゴキブリだったらそこまでの反応しねぇんだろ?



という感じだった。






俺はどちらかといえば、前者だ

自分もネコ好きだし、こういう事をする人物なんて死ねばいいと思う



思っていた。


そう、今はすこし違う。

それもちょっとヒネった考え方なので、MIXIでは書くことができなかった。











基本的に感情的な意見は完全に前者だ。

ネコやそういった動物をいたぶるのを許せないと思えるし、やる奴は死ねばいいと思う。

どんな精神してるの?
どういうつもりなの?
弱いものいたぶって楽しい?
痛み ってわかるよね?


こう思う。
感情的には全部、犯人を否定する側に回る。




だがこれを一歩下がったところで見ると、そうとばかりは言っていられなくなるような気がする。




たしかに、こういう犯罪を犯す人間の心理なんてわからない。
どういうつもりなんだ?
確かにそう思う。犯人が居たらそう問いただしたい。



どういうつもりなのだろう?




・・・そう、わからないのだ。


自分から見て犯人の心境がわからない。



だが、推測することはできる。






知り合いの中にこのような犯罪を犯すことができる人物がいるだろうか?

いや、いないだろう



いないと思いたい自分の心もあるが、それ以上に“普通の人間ならこんなことするはずが無い”と思ってしまう。




つまり犯人は普通の人間ではないのか?






・・・たぶん、そうなんだろう。
そうなんだろうと思う。




普通の人間なら犯さない犯罪を犯す

そんな普通ではない心のゆがみ







 では、どうやったらそこまでゆがむのか?





明らかに

親に愛されて生まれ
親友と共に成長し
人を愛し、愛する人と別れ
成長する事に喜びを感じる

この普通の人生の流れを送ってきた人物は、こういう事が出来ないであろう事は想像できるし、これが高校生や中学生のような成長過程にある人でもこの流れに沿っていればまずこういう事は出来ないと思う。



つまり、こんな犯行ができる人間とは?
ネコなどの小動物を一方的にいたぶる事ができる犯人とは?





 どのように成長したのだろう?


そこまで心が歪むには

虐待があったのだろうか?
強度の社会的挫折があったのだろうか?
逃げ場の無いと感じるいじめであったのだろうか?
言いたくても言えない、性的な虐待の状態にあったのだろうか?



普通の人ができないというのなら、この犯罪を犯した人物は明らかに普通の人ではない。
だとしたら、このような強い“虐げ”の環境におかれてきた者だろう。

・・・そう推論するのは間違いではないはずだ。
むしろ、そのほうがずっと自然だ。

先天的に精神のおかしい人が生まれるより、社会の枠木に締め付けられて歪んだ心を持つ人のほうが明らかに多いだろうしね。





なら一方的に「こんな事してきた奴、死ねばいいよ」と言っていた自分は考えなければならないと思う



犯人を擁護する気は一切無い。
無いのだが、この人物がここまで精神をゆがめる事になった背景や環境についてまで、自分達が考えてみた事が一度たりともあっただろうか?



・・・もしそんな背景があってこんな犯罪を犯しているとしたら

もしそんな事が無ければこんな犯罪を犯していないのであるとしたら





・・・そう考えるだけで、やっぱり言葉に詰まってしまうよね

だってそうだとしても、たしかに犯人が悪い
けれど、それが100%じゃないんだもん



その人以外のせいだという可能性が僅かでもあったとしたら、僕は考える事を辞めてしまう
立ち止まってしまう


一方的に責められる立場に居る事を、そのことを考えてしまう

たしかに悪い事だよ
でも他の人が本人をそうしたのかもしれない
そうならざるを得なかったかもしれない


そう考えると、僕は考える事を辞めてしまう
本人だけのせいじゃないという可能性が僅かでもあるならば・・・ね














自分自身、こういう考えに至るまでにかなりの時間がたったと思う。
23年という時間をかけなければこういう結論までたどり着けなかったと、ちょっと残念な気持ちだ。


それに、自分自身が経験した“あのこと”が無ければ、この事件も犯人を一方的に悪いもの扱いにして終わっていたのだろう




・・・まだ、それを語る気にはならないけれどね
ある意味、俺の一番深い暗部だったところだし







こめんと返信!

>>サリー
やっぱ人間楽だったり楽しいほうがいいから、自分に肯定的な人間を回りに置いちゃうよね
でもやっぱ、それってすこし間違いなんだよね・・・

どっかしら厳しい事言ってくれる人が一人でもいないと、へんな方向に行っちゃった時に修正きかないし・・・

だから俺は自分を責めない事にしてるwwww
だって必要な時は他人が責めてくれるしwwwww責められてから考えればいっか的なwwwwwwww

「他人任せかよwwww」みたいな俺の考えだけども、最初から自分に肯定的な人物しか回りにいなくてもまっすぐ上昇志向で居られるほど出来た人間でもないし
むしろそんな奴この60億いる世の中に1~2人くらいしかいねぇんじゃねぇの?って思う


人類みな順風満帆だとあぐらをかいちゃう傾向があるから、やっぱ人生に一人でも、自分に厳しいことを言ってくれる人が必要だよねぇ・・・
| もの申す系 | 23:20 | トラックバック:0コメント:0
やっぱり、諦めきれない。欲しいものは欲しい。
俺をよく知る人物は、いや、よく知る人物じゃないとしても、俺をやたら陽気な人物にとらえるだろう。
俺だってそう思う。
外界と接する俺は、極力陽気な人物で居ようと思っている。


MIXIだってそうだ。
会社の弁当一つの間違えで“今年一番の落ち込み”だの書いて、阿呆な人間を演じている。
はっきり言えば、ここ最近ブログに書くような内容なんて、MIXIでは公開していない。


弱みを外に見せたくはないから。







何故だろう?
弱みを見せるとなにかあるのだろうか?

たぶん生まれの問題だ。


自分の家では一旦弱みを見せると、父と姉から一斉に総攻撃を食らう。
それも生半可なものではない。
たぶん人によれば、立ち直れなくなる程度のダメージを受ける事を平然と言う。


まあ、家の人間の悪い部分だ。
それ以外はわりとマトモな人間達だからと、割り切っている。
総攻撃も別にたいした意図で言うわけではなく、ほんの軽い気持ちで言っている事も知っている。
だから家族に対して、別段憎しみだとかそういうものは感じない。


・・・だからだろう。
幼い頃からそういう環境下におかれてきた自分は、弱みを見せようとしない。
見せないように極力努力した。

ここでダークサイドが晒せる事を良しとしたから、MIXIでは弱い自分を極力見せていない。



だから、自分は強い人間ではない。
時折、強烈な悲しみに心が押しつぶされそうになる瞬間を感じる。
MIXIでは晒せないような、弱い自分だ。



前に告白したあの子だ。

日記に、楽しそうに男と写っている写真がのっていた。
二人だけの写真ではないが、男と楽しそうにしている写真がのっていた。





いらいらした





その瞬間、何も感じなかった理由がわかった。





俺は、彼女の事を全くあきらめていなかった。








よくよく考えればそうだ。
たぶん今回のあの子も、誰の馬の骨とも知らないようなクソ男にガキを孕まされるまで、たぶん俺は好くだろう。
それがあるから、拒絶にも何も感じなかった。

拒絶は何も、俺の中では終わりではないから。





だからこそ、男と楽しそうに写っている写真を見ていらいらした。
マウスを使わない左手は、気付いたら爪が食い込むほど強く握られていた。






そういう瞬間、悲しみがどっと押し寄せてくるのがわかる

















ネガティブが押し寄せてきたらどうする?

俺はどうすればいい?



ネガティブとかいう横文字の名前をした外人が、俺の肩に手をかけてくるんだ。




俺はどうする?

どうすればいい?






こんな時、俺の回答は決まっている。






一つ豪快に笑ってから、肩に置かれた手を引っつかみ、そのまま背負い投げる。
そしてネガティブとかいう阿呆の顔面に、一撃食らわしてやる

それで終わりだ








たぶん一番簡単なのは、ネガティブにそのまま飲み込まれてしまうことだろう。
押し流されてしまうのが、一番楽な選択だろう。




だけど、それに俺はためらいしか感じなかった。





ネガティブに押し流された瞬間

悲しみの中にいるその瞬間



心の中のどかしたくてどかしたくて、どうしようもないほど重い部分が、ふっと少しだけ、軽くなるのを感じる



それにためらいを感じる









なんだ?

泣いて重荷を軽くしないといけないほど、俺の心は弱いのか?

それで終わりか?




そう思うと、ためらいを感じる。




弱いままでいたくない

強くありたい



そう思う自分は“ネガティブに押し流されても心が軽くなる”道を退け、“「ネガティブに押し流されて心が軽くなる」選択肢を潰す”ほうを選ぶ



心の中なんて他人には見えないというのに、馬鹿な人間だ

それでもこのやり方を、たぶん俺は変えはしないだろう。
弱さを見せたくないという心は、こんなところでも頑張っているから。












そしてまだ、俺は彼女の事を諦めてはいない。


自分でできる最大限の努力をして、彼女を繋ぎとめようとしている。









日常や仕事、音楽ですら本気になれない自分

最後に本気になる場所としたら、ここしかないのだろうから









今度、彼女に言うつもりだ


何も感じなかった理由は、全くと言っていいほど諦めていなかったからだと

そして、すこしかっこよくなってから戻ってくると

そしたら首を縦に振ってほしいと



そう、言うつもりだ




誰が見ているかもわからないこんな場所でも、これを書かずにはいられない


・・・そういう点からいえば、自分はまだ弱い人間なのかもしれないね
| 雑談 | 03:32 | トラックバック:0コメント:1
凹んだ。別のベクトルで。
22歳にして、初めて女性に想いを伝えた。




相手はつい最近20歳になったばかりの子。

今年の3月にアニソンライブをした時の、Voをした子だった。



結果としては、拒絶

笑顔で「友達としてお付き合いしていきたい」と言われ、思わず抱きしめた。

「ごめんね、迷惑だっただろ?」


それだけを小さく呟くことしかできなかった。








今週の12月20日に想いを伝えて、拒絶
かれこれ2日は経過した

その間彼女の事をずっと考えているが、色々と悲しい事に気付かされた






はっきり言えば、明日彼女に謝るつもりだ

「迷惑をかけてごめん」と



それには普通ならそこに至ると考えられる感情とは、全く違う感情が含まれていた








何故だかわからない

人生初めての告白だからだろうか、毎回こうなのか自分でも理解はできない

だが、明らかに感じた








拒絶の瞬間、何も感じなかった


そして彼女の事を考えている仕事中や、今文章を書いているこの瞬間ですら、何も感じない





それがなんだか、とても悲しく思えた







本気で好きだったはずだ

たぶん一生を共に暮らそうとも、やろうと思えばしていたはずだ

繋がりたいとさえ思った




それなのにどうして何も感じないのか?





何も感じないことが、逆に悲しかった



本当に彼女が好きだったのだろうか?

自分の好きという感情はこの程度のものなのだろうか?



全く悲しみを感じない事が、逆に悲しかった









自分がそういう意識の切り替えが素早いタイプで無いという事はわかる。

だってそうだろ?


高1から大4までの6年間、会えなくなっても、他の男に体を蹂躙されていたことを知っても、ずっと好きでい続けた相手がいた。
誰のガキかわからない子を孕んだ事を知った時に、初めて諦める決心がついた。


そんな俺が、切り替えが早いはずがなかった。






同じ理由で“痛みを感じないようにした”というのも無しだ



どうせ好きになるなら、拒絶されたら最大限自分が傷ついてもいいと思えた

ていよく理由をつけて、痛みを回避する事だけはしたくなかった


だって、自分の好きという感情は、その程度のものじゃないはずだから






だから、切り替えは早くなかった

だから、最大限痛みを感じるようにしようと思った
痛みで、その人の事をずっと忘れないように、大きな傷を残すつもりで







それなのに俺は、何一つ感じなかった



そこに来て思った。

彼女に対する俺の想いはなんだったのだろう?



彼女ははっきり言えば、相当かわいい

一般的な世界では普通にかわいい部類にいるだろうが、ヲタの世界で言えば高嶺の花の領域だ



だからこの感情は、かわいいの延長線上にあるものでしかないのかもしれない




そう思った瞬間、罪悪感が襲った




だったら俺のしたことは何だったのだろう?

単に性欲を取り違えただけなのか?

単に異性の友人を困らせただけなのか?





そう思った瞬間、罪悪感が襲った

















明日、俺は彼女に謝るつもりだ


変に勘違いさせてごめんと

何も感じないでごめんと


素直に全て、言うつもりだ
[凹んだ。別のベクトルで。]の続きを読む
| 未分類 | 02:37 | トラックバック:0コメント:0
時の速さと重さ
「あのおっちゃんの家?・・・いいよ、暇だし」


大学四年の2月。
丁度働き始める一月前で、最高に暇をもてあましていた時期だった。

簡単な話、これはバイトだ。


父親からたまに頼まれる雑用のバイト。
一日働いて一日で金を得られる俺には、好都合のバイトだった。

ある時は建設中のマンションで床暖房を設置したり、ある時はお寺に設置されているBSアンテナの調整もやった。

だが、今回はそういうのとは違った。


今回は、自分の知り合いの家での仕事だった。


父親が今の職業を始めたとき、何もわからなかった父に一から教えてくれたという凄く恩のある人だ。
その人が加齢で今の職を辞めるので、要らない物品を全て引き取る。もしくは、廃棄する。それの手伝いということだった。

自分も何度か子供の頃に行った事があるが、記憶はその時のまま止まっていた。





父親の運転する自動車の後部座席に乗り、その子供時代の思い出をよみがえらせる自分。

たんなる工場だったそこは、子供の目から見れば素敵な場所だった。


背を伸ばしても、ジャンプをしても到底届かないであろう天井。

何が入っているのかわからない、魔法の小箱。

見上げないと見えないほどの場所に置かれた、よくわからないもの。



全てが全て、子供の自分には新鮮だった。

そこではまるで魔法が飛び交うような世界なんじゃないかと、本気で錯覚してしまったくらいだ。


そしてその工場の主。

自分のような子供がたとえ100人いたとしても、拳を振るう事もなく一喝するだけで自分は何もできなくなるだろう。
そんな強さを持った人が、その工場の主だった。





そして一時間もしないうちに、その場所についた。

おかしいな?
こんなに短時間でこれたっけ?

過ぎた歳月というものは、時間の感覚すら変えてしまうものだと
言葉では理解できていても、こんなに強く実感するなんて思いもしなかった。



そして工場に入った。
あの時と同じ空気、匂いを感じたはずなのに、印象は全く違っていた。


この短いとはいえない歳月で、軽く跳躍するだけで天井に手は届いていた。
たとえ手が届かなくとも、その事を別段気にも留めなかっただろう。

高い所に置かれた物は、脚立を使えばいいと容易に結論付けられていた。

魔法の小箱は、すっかり魔法が消えうせていた。
何に使えばいいのかわからないのは、相変わらずだ。ただ、どういうものに使用するかなんて事は容易く推論する事ができるようになっていた。



そしてあれだけ強く見えた工場の主は、今や自分の拳の一振りで制することができるようなおじいさんになっていた。



時代の名前も変わらない程度の時の経過だというのに、自分はこんなにも変わってしまったんだと、その時初めて強く実感していた。





「これを運べばいいのね?」

自分が床におかれた無数の電線を見ると、父は頷いた。
そしてどうやって運べば効率が良いか即座に考えて、そこから先は何も言われなくても仕事をこなしていた。

そして、これを運ぶ理由も理解できていた。


電線を運ぶ理由は、銅の換金のためだろう。
鉄パイプを運ぶのは、鉄の換金のためだ。

あのおじいさんだってそんなにお金を持っているわけではない。かといって無償で父に動いてもらうのは気まずいものがあっただろう。
だから運んだ物品を現金交換したものを、父は受け取る事になるだろう・・・




そんな事を考えながら車に荷物を運んでいた自分は、違和感に気付いた。


何故?
どうしてこんな事を先に考えた?




子供の頃ならどうしただろう?
たぶん、最初に色々と想像したはずだ。

こんな色とりどりの電線が、街の送電線のいたるところに使われていたら、どれほどカラフルで楽しい世界なのだろうか?

こんな鉄パイプが広場にころがっていたら、どんな遊びをしようか?

真っ先にそう考えたはずだ。




でもその時の自分はそうしなかった。


現実的な問題に関連付けて、答えを導き出せていた。




その時にやっと気付いた。

自分がもう子供でないことに。








父が二度目の換金に行く頃、自分は一人で工場に残り、休憩をとっていた。

父の居ない間の喫煙。
まだ父の目の前でたばこを吸うことが出来ないなんてあたりは、まだ子供だなと笑いながら考えていた。


すっと立ち上がり、ふと工場の中を見渡しながら思った。




22年という自分の過ごした歳月。

歳月は光の如く素早く過ぎ去っていった。
だが、それは素早かっただけ。

あまりにも速いその時間というものは、同時に非常に重たいものでもあると知った。
速いから軽いなんてことはない。



時間はあまりにも速く、そしてあまりにも重たいものだと、この時初めて知る事ができた。





根元まで吸ったたばこをもみ消し、まずい缶コーヒーを胃の中に流し込む。
「さあやるぞ!」と小さく呟いた自分は、昨日までの自分とは違っていた。
| 雑談 | 00:44 | トラックバック:0コメント:1
Voとしての表現
仕事はロジックで、アートはエモーションだと会社のオーナーが言っていた。
だから最近は、音楽にロジックを押し付けないようにしている。


まあ、寝るまでの駄文だとでも思ってください。







昔から俺は男だからなのだろうか、音楽にやたらとロジックを・・・理論や知識を適用して生きてきた。
たしかに理論はある程度のレベルになると必要だけど、でもそれが全てじゃない

むしろ、根幹は感情、エモーションにあったということを最近知った。







昔から理論的に音楽を分析しては、興味の無いような人にさえも自慢話のように薀蓄として語っていたきらいがある。
だからわりと、自分の中では自分はロジック寄りの人間なんだろうなぁ・・・というのを漠然と思っていた。



だが最近(といってもここ2年くらいの話だけど)、俺より完璧にロジック方面にいる奴と知り合う事が出来た。

前に良くカラオケに行くといったOの事だ。



たしかに彼は歌は上手い。

下手すると小さなライブハウスのアンプでバックバンドが演奏していたとしても、そこで彼は生声で観客中に響かせられるほどの声量を持っている。

すさまじく上手い。



だが最近になってようやくおかしなポイントに気付いた。





何かが足りない・・・






声から何も伝わってこないのだ

たしかに歌うことが好きだということもわかるし、上手いのもわかる

けれど、歌声から彼自身が全く見えてこない


不思議な気分だった






自分の歌声を録音したものを聞いても、ある程度俺自身が見えてきている

やさしい人間で、時折熱い人間で、そしてやたらとエロい性格だということも声でわかる


客観的に見ても自分の性格はそうなんだろうと理解できるから、声に性格が現れるような気がしてならない



とくにXのTOSHIなんかわかりやすいと思う。




http://www.youtube.com/watch?v=FUnwoBTNFqM


これはⅩのTOSHIがソロで歌っている曲で、「君はいないか」という曲だ

TOSHIはソロになってから色々と噂があるが、本人はⅩに居た時より明らかに充実していたし、満足していたように思う

「本当に守りたかったものは、おじいちゃん、おばあちゃん達の笑顔だったんです」

こう自分のHPに書いているTOSHIの本心は、とても優しい人なのだろう
それがこの曲で、少し触れられるような気がする。


いくつかのアーティストの声を聴いてもそうだけど、やっぱり性格が声に出るような気がする






そう思ってから何気なく聞いたある一曲

鳥肌が立ったと同時に、どうしてこんなシャウトができるのか理解できなかった・・・
そしてこれで思った。Voとしての表現がいかに重要か


http://www.youtube.com/watch?v=QS7ikSMKghw&hl=ja


それがこれ、ストーンサワーのスルーザグラスという曲だ
邦題だと「ガラスを通して」だろう



このPV、やけに凝って作られている
だから曲も気になって、CDを買った。



このストーンサワーというバンドは、あのスリップノットのVo、コリィ氏のバンドだそうだ
そのコリィ氏が顔出しでやっているバンドだ







そして歌詞とPVを見てから、この曲のラストになぜあんなシャウトが出来るのか、理解できなくて仕方なかった

理解できるけど、理解できない・・・
そんなわけのわからない感覚だった・・・





PVはいたってシンプルだ

なにかの別荘みたいなところで、有名人らしき人々が談笑している
それがじょじょに一枚の絵になっていって運び出されて、家までも張りぼて

さらにはハリウッドのあの文字ですらハリボテ


そういう不思議なPVだ


そしてこのPVと、歌詞の和訳を見て、この曲がすごく深い曲だということに気付いた






歌詞


I'm looking at you through the glass...
Don't know how much time has passed
Oh god it feels like forever
But no one ever tells you that forever
Feels like home sitting all alone inside your head


和訳するとこうだ

ガラスを通してお前を見ている
どれだけの時間がすぎただろう
永遠のような気がする、でもそんな事誰も口にしない
永遠が居心地よくなってきた、一人でお前の頭の中に座っている


この“ガラスを通して”でピンときた

このガラスとはテレビカメラのレンズだ
それでつじつまが会う


そして頭の中に座っている・・・

これはコリィ・テイラー本人自身ではなく、スリップノットのコリィやストーンサワーのコリィの事を言っていると思う
つまり自分自身ではなく、アーティストや芸能人の姿として誰かの頭の中に存在しているコリィの事だろう

そしてそれがあまりにも心地よく良いイメージで固められているから、ずっとそのままのイメージでい続けるのが心地よいと言っているのではないだろうか?



つまりこれはアーティストのコリィが、コリィ・テイラーとして書いた曲なのだろう




この解釈は、PVを見ても大体合ってると思う

芸能人のような人々の中にいて写真を撮られるコリィ、それがまさしく芸能人やアーティストとして見られているコリィの事なのだろう


別の部分の和訳が

“どんな気分だ?それが質問だけど・・・
お前が簡単な答えを求めていない事を忘れていた”

アーティストの情報について、あれこれといろんなイメージを膨らませてよりロマンチックに描こうとする、一般人の事を言っているように思われる。





つまりこうだ

「一般人はあれこれと、自分達が凄い人間なんだと想像する」
といいたかったのではないか?


こういうふうに書いている自分も、上の“お前が簡単な答えを求めていない事を忘れていた”に入るのかもしれない・・・


そしてコリィはこう思っていると思う
芸能人やアーティストはそんなに万能ですばらしい人間じゃないんだぜ、と。

綺麗に着飾った人が一人、また一人と写真になって運び出されていく様は、まるで「じつはこいつら、薄っぺらいんだぜ!」と言っているような気がしてならない







そして最後の歌詞

And its the starrrssss
The sttarrrsss
That shine for you.. yeah-ah
And its the starrrssss
The sttarrrsss
That lie to you.. yeah-ah yeah

和訳すると

“お前に輝いてあげるのは星たちだ
お前に嘘をついてあげているのも星たちだ”

星はつまり、スターということだろう



スターが嘘をつく・・・
この単語をシャウトするコリィを見て、鳥肌が止まらなかった







コリィ氏本人は、それはとても陽気な性格だ
よくファンとふざけた顔で写真に写っているコリィを、そこらじゅうで見かける事ができる


そしてライブでは、一番盛り上がるところで一旦曲をとめて、「聞いているか?俺はこの瞬間のためだけに歌っているんだ!」と、笑顔で宣言するような人だ

その時の表情は、本当に本心から言っている屈託の無い笑顔だった



つまりそれはそういうふうに楽しませたい
自分の歌で楽しんでほしい、モッシュしてほしい!

そういうふうにコリィは思っているんじゃないかと思う






そしてスターが嘘をついた・・・
この部分で鳥肌が立った



かつて彼にも憧れたスターというのがいただろう
それは観客をモッシュさせたり、ヘドバンさせたり・・・
さぞかし楽しませただろう

彼もそんなアーティストになりたかったはずだ
人々を楽しませるアーティストに・・・





そしてコリィはスリップノットでピープル=シットという曲を作った

コリィたちからすれば、思いっきり観客をモッシュさせて楽しませるような曲にしたかったはずだ




だが、この曲には隠れた一面がある

この曲は「頭に拳銃を向けて撃ってみたい気分だ!」という歌詞があるのだが、以前は「頭に拳銃を向けて撃ってみろ!」という歌詞だった

なぜ改変されたのか・・・







それは簡単な事だった

当時実際にその曲を聴きながら、拳銃で自殺をした人が何人か出たからだ



これは当時のニュースにもなった

ジャンパーをかぶって手錠を布で隠されて、法廷に引っ張られていくコリィが、全米のニュースで放送された








どんな、気分だったのだろう?


楽しませたいと思って作った曲で、自殺をした人が出た


どんな気分だったのだろう?








“お前達に嘘をつくのもスターだ”


そう、コリィは嘘をつかれた




自分は人を楽しませる存在じゃなかった!
スターなんて薄っぺらい存在だ!

・・・ハリウッドという看板でさえも・・・!







こんな気持ちが、このスルー・ザ・グラスという曲に乗せられていると思った。
だから、理解できなかった



「スターは嘘をついた!」


この単語をシャウトするコリィは、どんな気持ちで叫んでいたのだろうか?



理解できて、そして理解できなかった
















この曲を聴いてから、俺は鳥肌が止まらなかった

そして同時に、これだけの感情を一つの叫びに込められるコリィという存在は、改めて凄いと感じた。








こんなことがあってから、俺はVoとして理論ではなく、感情を根幹において歌うようにしている

コリィと同じステージには立てないだろうが、同じ心構えならできるかもしれないから
それすら危ういのかもしれないけれど・・・








というわけで今回のテーマ

Voの表現について




これだけの感情が歌に込められる事を、この歳で知れたならそれは良い事だと素直に思えた自分がそこにはいた


[Voとしての表現]の続きを読む
| 音楽 | 23:29 | トラックバック:0コメント:0
情熱という熱量、熱量というエネルギー
最近情熱は熱量であり、そのままエネルギーなんではないかな?と思い始めてきた牛乳ですこんばんわ~

ぶっちゃけ書いたら寝るけどね(*゚∀゚*)






俺は大学時代から、部活ライブで何かやろうとするたびに声をかける子がいる

同じ学年で部に入っていない子なのだが、演奏技量ははっきり言って申し分ないレベルだ



毎回この子に「この曲やろうぜ!」、「で、部に入っちゃえば後はエンジョイし放題ですよ^p^」みたいな事を言っていた



だが彼の返事は殆ど決まっていた

“忙しいから、またこんど”


彼はそういって俺の誘うライブを、毎回断っていた


同じく社会人となった彼には、何回も誘いを出したのに断った事を後悔しているようだ
会社の対人関係で、本人には超えられない事が納得できない色々な壁にぶち当たっているようだった




正直、彼は勇気が無かったとか、そういうものじゃないと思う

たしかにライブをやるのは、最初の人間は色々と不安になるし、出演をOKするだけでも相当な勇気がいるものだろう
だから勇気が無かったというのは、彼にとっては一要素だっただろう




けれどそれだけでライブに出る事が出来なかったわけではないと思う

俺は勇気以上に、別のファクターがある事を最近思い始めた。





それが情熱

情熱と言う名の熱量であり、熱量という名のエネルギーであると思う






音楽に対する情熱が多ければ多いほど、ライブというシーンに登場する可能性が増えてくるように感じている。


俺が音楽を聴いて鳥肌が立った事があると前に書いた事があるが、まさにそれがそうだ
鳥肌が立つほどの人は、結構いないらしい

前にこのブログでもちょっと触れたプロボーカリストの女の子は、鳥肌どころか、聞いた瞬間立ち上がって涙が溢れた事があったという



だから俺なんか、熱量で説明できるような気がしてならない



ライブハウスに来る連中なんか、基本は音楽が好きな人間だというのは変わらないとおもう

けれどステージと客席を隔てる柵、そこを越えられるのは、ひとえに音楽に対する情熱
コレだけなんじゃないかと思いはじめてきた



最初の子の話に戻るが、「忙しい」は基本、断り文句にならない事は冷静に考えれば良くわかる

俺も過去に忙しいと連呼していた時期があったが、よく思い出せば必ず暇な時間が出来ていた
そしてその時間何もせず、ただボーっとしていたように覚えている

その時間さえ練習に回せば、俺ももっと上に行けてたんじゃないかと今になって後悔してしまうが・・・







別に俺はその“ライブに誘っても出てくれない子”に対して怒ってるわけじゃない

“手を差し伸べても、それを振りほどいた”
最初は怒ってはいたが、今になって後悔してることを知ってるから、怒りはもう殆ど無い


今気になっているのは、アニソンバンドの事だ



ここでは言ってなかったけど、去年の11月からアニソンバンドのグループに在籍している
3月にはライブもやった

すげぇ楽しかった




俺も含め他の人も、そのライブを“もっと練習して置けばよかった!”と後悔していた
だから今年の9月、リベンジと称してもう一回ライブを行う事になった


ほぼ幹部に位置している俺は、色々と意見を言った

「次はどこのライブハウスにしよう?」


前回はライブハウスではなく、スタジオを借りたライブだった
いわゆるスタジオライブだ


そんなんでやるからチケットノルマだの細かい事も発生しないし、なによりスタジオライブは気楽だった
だけどやっぱり、機材に関しては相当の差があるのも確かだった

だからリベンジと称したライブでは、個人的には絶対にライブハウスでやりたかった



けれどリーダーはこう言った


「ライブハウス・・・そこまで気合入れる必要があるの?」



言われた瞬間に、熱量が違う事に気付いた





彼等は生活のスパイス的な存在としてライブが存在する

けれど俺からすればライブや音楽というのは生活の一部であり、一生の趣味にすべきものである事も理解している


仕事で出た給料も、2/3ほど音楽関連の機材に消えている俺からすれば、彼等とは熱量が違うということを理解せざるをえなかった






・・・一生の趣味にする以上、ライブは避けて通れない
ライブが避けて通れない以上、熱量の違う人間とも組む可能性すらも避けて通れない

その「ライブハウス・・・そこまで気合入れる必要があるの?」の一言で、ここまで考えてしまった俺が、そこにはいた




よく、力の無い思考は意味がない、思考の無い力も意味がない、と言う言葉があるが、それがそのまま当てはまるような気がした


熱量の無い人の演奏技量は発達しないし、演奏技量が大きくてもライブに出たくない人はそのうちに演奏の練習を人生から締め出してしまう

それを考えさせられる言葉だった。




しかし俺の出演依頼をことごとく断った彼と同じように、俺も“手を差し伸べても、それを振りほどいた”
経験はある

そのプロボーカリストの人は、俺に“バックバンドでベースを弾いてくれ”と言って来たことがあった

何回も言われたわけではない。一回だけ言われた

けれども、「就職決まってるから!」と断った




彼女からすれば、俺も熱量の足りない人間なのかもしれないと思った


就職決まってるから、なんて、忙しいとほぼ同義だろ

熱量さえあれば、一回目のオファーで既にOKを出してたはずだ


その時に首を縦に振りさえすれば、俺はプロのベーシストだったのだ





結局レベルは違えど、音楽を好きな人間は基本的な熱量に違いがある

言葉ではわかっていても、それを確かに実感したのはこの時が始めてだった。





この一年でわかった事・・・




①音楽を好きな奴の中で、ただ好きな奴は熱量的に最下層

②次にライブに足を運ぶ奴

③次にライブに出る奴

④次に自分でアーティスト的活動を行う奴

⑤熱量から来る練習での技量が認められ、プロとして活動する者

⑥有名アーティスト

⑦伝説のアーティスト




熱量の観点から見たこの“カースト制度”を、この一年で知れたのは俺にとってはかなり大きい

俺は③と④の調度中間といったところか・・・


俺が熱量の少ない奴に言われて疎外感を感じたような事を、もっと上の人には感じて欲しくは無かった

だから俺は、極力④までいくように努力する




とりあえず今の俺に出来るのは、それくらいだから・・・










なんかわけわからない文章でごめんよ!
俺も若干酔って書いてるからね!
(^ω^)
| 音楽 | 00:48 | トラックバック:0コメント:1
どうやら俺は
リア充らしい、おそまつです



休日が全部埋まってるとか、バンド活動やってるというだけでリア充認定ですか^p^

彼女いないんですけど、俺リア充っすかね^p^;;;




という具合(ノ∀`*)ペチョン
















なんだろう、働き始めてますwwwww
通勤に1時間15分ほどかかりますけど、定期でお茶の水、秋葉原、渋谷をカバーできるなかなかの場所です


ついでに飲み物が10・20円で、弁当がタダ
残業時のメシもタダというなかなかの条件の場所

ついでにいえば今年の特別賞与が二か月分だし^p^
特別賞与とボーナスって別だし^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




これで楽しい会社なので、これでいいのか?気分です










とはいっても、やっぱり厳しいところは厳しいですね・・・

二回ほど、先輩にガチギレされました



一回目が俺の言い訳レベルが酷かったのと
二回目が、先輩の説明の最中によそ見をしたこと



両方とも俺に落ち度があるし、理不尽な言い方をされたわけでもないので大丈夫でした
実際かなり精神に来るけど、家で怒鳴られなれているせいか、一応大丈夫です





さて、明日も会社!


もう寝るぜ!










コメ返信
>>サリー
大学、どうなったのか知りたいな(*゚∀゚*)
理論派と感情派というかなんというか・・・

俺は無理だけどあいつは大丈夫
あいつは無理だけど俺は大丈夫

っていう感じかな?
とりあえずどんなレベルの低い奴でも、学べるところってごまんとあるからねぇ・・・
| 未分類 | 23:15 | トラックバック:0コメント:0
同期のライブを見て・・・
今日は大学の軽音楽部主催でのライブがありました。

卒業ライブということで、卒業する4年生が一人でもバンドメンバーにいれば、そのバンドは出場できるというライブでした。





3月の終わりごろに、スタジオミュージシャン級に技量を要求される曲をやるライブを控えてたんで、俺は何もしませんでしたけどね^p^



















俺の代の4年生は、すごく少ない。

とんでもなく少ないから、出場バンド中4年生のいるバンドは2つ程度になってしまいました。

その両方に、よくバンドを組んでたガチイケメンのVo君がいるわけなんですよ






で、今日のライブを見て感じた


































そのガチイケメン君のライブ、曲はラルクをやっていました。



ラルクはご存知のとおり、一般人はおろかボーカリストですら難易度の高い部類に入る曲です。


それを彼が歌い上げ、見事にライブを終了させました。


すごかったです















見事にライブを終了・・・



そう聞くと、「鍛え上げられた歌唱力とライブパフォーマンスで、客を魅了して終わらせた」という印象が強いと思います



ぶっちゃけ、かなり違います










まず彼は特殊発声が一切使えません。

だからラルク曲高音部になると、地声を使って撃沈するか、曲のイメージに合わないけれど裏声に変えるか。そのどちらかになります










次に彼は、ほとんど歌詞を覚えていませんでした。

キメとなるフレーズにのせる歌詞はわかっていたようですが、他は創作と言っていいくらい、原曲と違う歌詞で歌っていました












それでも彼は、ライブを無事に終わらせる事が出来ました




それを見た瞬間、彼はボーカリストとして認めるに足る存在であると再確認するとともに、俺と対極に存在するボーカリストだと思いました。



















よく楽器を触っていると、「上手いな」と声をかけられます


たぶんその言葉の後ろには、「普通の人よりは」という言葉が隠れていると思います




自分で自分の技量を診断しても、普通の人よりは上手いと思います






けれど、これにはれっきとした理由があります






























俺は想像以上にチキン野郎です


見た目ではわからないと思いますが、相当なチキン野郎です






そんなチキン野郎が多人数を前にライブをやるときに、なぜアガらないか・・・?













理由がそれです。






一般人より若干でも技量を付け、他の人より優位に立てれば、俺はアガらずにライブをすることができます


だから人より練習はしました

アガる事だけは避けたかったので・・・











だから俺が一番モチベーションを発揮できる時は

・技量が一般以上に必要とされる選曲
であり
・その曲を弾くだけの技量を有している事
であり
・そのパートを完璧に記憶している事


なんです










だから、初心者でも演奏できる曲だったり、パートを正確に覚えてない時なんか、俺はモチベーションが発揮できません







エルレをやったときなんかそうです





特に技術の必要な曲というわけでもない上に、英語なので歌詞が完璧に入っていない・・・





この時は、完全に俺はアガってしまいました



もし動画撮影をされていたら、見るに耐えないライブだったと思います・・・























その恐怖心から、俺は人より上手くなる事をしてきました


それは最重要ですから・・・















あ、上手いと言ってもアレですよ



プロ目指している人や、好きな音楽が“技術を突き詰める系”の音楽をやっている人たち

そんな人たちには敵いません



だから部活内での実力といえば中の上

良くて上の中程度のものでしょう






























そんな理由があるがために、俺は人より上手くなるよう練習しています



だから、彼のライブを見た瞬間、まだ敵わない一面があると言うことを思い知らされました。









高難易度曲にもかかわらず、その難易度に見合わない技量

歌詞をまったくといっていいほど覚えていない









俺なら完全にアガるであろう条件をかねそろえたというのに、彼は普通にライブをやってのけました



余裕の笑みを浮かべて「もっと前に来なよ!」というフェイクもしていました
















ぶっちゃけ、俺には出来ません。



チキンの俺には、こんな状況でのライブなんて出来ません







だから感じました。

彼の強い精神力というものを・・・

















同じ理由で、俺がかなわないと思える人はいます



ろくな演奏技量ももたない

ろくな演奏技量を要求される曲でもない

ろくに自分のパートの演奏を覚えていない














こんな条件が重なっていても、客を熱狂させて跳ね飛びまわせる人



そういう人には敵わないと思うし、内心恐怖心すら覚えます


どれだけ強靭な精神力してるんだ・・・と





















というわけで、当面の目標が決まりました




精神面の強化














知人の一切いない場所に行って、ステージをこなす




技量うんぬんより、一番上達する近道だと、今の俺には思います。
| 音楽 | 00:02 | トラックバック:0コメント:1
あさき右傾化疑惑
朝腹が痛くて目が覚めました。その時は母はまだ寝ていました。

ウンコして寝てましたが、また腹が痛くて目が覚めました。その時にはすでに母は起きていて、寝室にはいませんでした。


ウンコしてから「なんで腹痛くなったんだろう・・・?」

と疑問に思った俺は、原因を考えてみることにしました。


普通なら、「前日、なにか悪いものでも食べたんじゃないか?」という原因らしきものにぶつかるはずなんです。



寝起きの脳みそ低稼働状態で考えた俺は、すさまじい結論に達しました。







母は57とはいえ、仮にも女性です。

母が起きるということは、寝室のある二階から誰もいない一階に行くと言うことでもあります。

家の中とはいえ誰もいない場所に行くということは、もちろん外敵から母が襲われる可能性も高いというわけで










57とはいえ立派な女性である母を警護するために、俺は出たばかりの10センチ程度のウンコを使って、外敵を殴ったりして母を警護しなければならないのではないか!


そのために腹が痛くなったのだろう





















というカオスな結論に達した牛乳ですこんばんわ~


つうか、寝起き時の脳みそ低稼働状態はやばい


こんな阿呆な結論を作り出した上に、さらにそれに思いっきり納得できちゃうんだぜ!


さすがに3度目に起きた時は、その理論のおかしさに気づいて顔が青くなりましたけど(ノ∀`*)ペチョン





















さて、タイトルにあるように、俺の中で“あさき右傾化疑惑”が浮上しております。

新曲でいくつかの歌詞を見ると、そういう風にとれる文章がいくつかありましてね。


一つの曲だけならまだしも、二つの曲でその傾向が見られたんで、わざわざここに仮説を立てて発表してみる次第です。



さすがに俺も半信半疑な部分が多いんで、友人にあさきストが10人近くいるmixiではまだ晒せませんwwwwww





あ、一応↑のウンコのような阿呆な理論展開ではないので、ご心配なく(ノ∀`*)ペチョン


















あさき右傾化疑惑を俺が持つきっかけになった曲は2曲ほど


猿の経
鬼言集


の二つです。




そのまえに注釈があります。



もしあさきが右傾化していた場合、俺の予測では

ネット右翼


に属するのではないかと思います。



それ以前の曲でその気配が全く感じられなかった事と、近年のPC類の高性能化・低価格を考えると、それが一番近いのではないかと思います。













んじゃ、歌詞の解説から、なぜ俺がそういう推論に至ったのかを書きましょう・・・

個人的には、まだ万全と言える推論ではありません。不明な部分も多いしwww
でもとりあえず発表してみたいと思います。


ちなみに、相当長くなります・・・ごめんなさいm(_ _)m

























まず猿の経

この曲の意味として、俺は「自虐的歴史観に対する反感」であると思います。







「薄明に 混ざり在る 紺碧の手と~~~!」

握手!

愛撫する 愛撫する 彼らは愛撫する






:紺碧の手
 これはとんでもなく地位の高いもの。地位というより、神的な立ち位置に居る存在らしいです。

神的な存在=日本の天皇
なのではないかと


:愛撫する
 そのままの意味で、愛でてくれるということではないか?

権威だけの存在となった天皇は、しばしば愛の象徴と称される事があります。

少し前に、中東付近の国同士で戦争になったことがありました。ヨルダンとかパレスチナとか、そこらへんのことだったと思います。

そこで停戦を促すため、双方の国の首脳と、日本の天皇で話し合ったことがありました。


こういう事ができるのは、権力を持たない権威だけの存在である人にしかできません。これが日本の総理大臣だったら、安全保障や経済が絡んで停戦も上手くいかなかったでしょう。

そういう意味合いでも、愛の象徴とされる天皇です



その愛の象徴である天皇が愛撫する、とは・・・

よく聞く話ですが、天皇も工場見学などに行くそうです。


デスクワークで仕事をする、いわゆる汚れない仕事をしている人たちの話を聞いている時は、皇族の方は愛想の無い相槌を打つそうです。

しかしこれが実際に油にまみれて作業をする人たちとの会話となると、笑顔で言葉数が多く、相槌も多くなるそうです。


そういった事だけに限らないとは思いますが、愛撫とはこういう意味合いなのではないか・・・というのが俺推論























「我々は宇宙に在り!
この濁世の亀裂の深きは!億万の絶叫である!
満目の黒炎に執する
き、き、きー!きゃっつら!に禍いを!」






ここの部分の解釈は全くわからないっすwwww


意味をよく理解していませんけど、ある程度の憶測でいいなら・・・


たぶんこれは、現代の日本の愛国者の集い的なものなのではないか?と

:満目の黒炎に執する
 確かな確信はありませんけど、これは日教組の事ではないかと思われます。
































「嬋娟と舞う閃光の掻き消す 幸福よ!
星一つ尽き 星二つ尽き...」


人はおのれの触れたるものの色に消ゆ





:閃光の掻き消す幸福
 これは原爆の事を言っているらしいです。

:星一つ尽き
 よく「死んだら人は星になるんだよ!」というお話を聞きますね。
そのとおりで、これは人の命を抽象化した文章だと思います。


つまり原爆によって、一瞬にして人の命が失われていったという事を書いている部分であると思います。

この原爆による命が失われた部分に関してのあさきの思想が


:人はおのれの触れたるものの色に消ゆ
 なのではないか



人は自分の触れた(感じた)色(思想)に消えていく


つまり、思想によって原爆の見方が変わるのも仕方ないという、寛容な思想を公言していると思います。

これは右や左の思想を持つ人たちにとっては、常識です。


相手の思想をいちいち「てめぇの考え方は間違ってんだよ!」と否定するのは、ナンセンスだということです。

つまりどのような思想であれ、それをYESとは言わないまでも、否定する気は持たないということだと思います。



こういう相手の思想を否定しない考え方は、右や左の人にはかなり常識となっています。

ただ、それを実行するのはかなり、精神的に根気のいる作業です。



結論として・・・

そういう寛容な考え方をしていると公言したところを見ると、どうやらあさきの思想は

・思想を持ち出した時点で、どちらかに属すると公言しており
なおかつ
・極左でも極右でもない


と言っているように思われます。




では、あさきは右なのか左なのか・・・?


その問いが次の文章にこめられていると思います。






























「瑕瑾なき実 踏みます 嬲り 刺すと 熟れます」
「ささ、どうか!」
「ええ、そうね!」

燃えて しまえ




ここの部分が、俺が“あさき右傾化疑惑”を考えるようになった最大のポイントです。同時に、一番自信のある部分でもあります


この部分に関して、次のような訳があります

すばらしい人間とは、どのように育てればいいのでしょうか?
ここに一人の未熟な精神があるとします。この精神を、嬲り、刺してごらんなさい。
そしたら、ほぅら!立派な人間になりますよ!
「さあ皆さんやってみましょう!」
「ええ、そうね!」

あさき「こんなことが通用する世界なんぞ滅んでしまえ・・・!」





この訳を見たときに、ピンときました

この立派な人間になるためには、未熟な精神を未熟な段階で、嬲り、刺さなければならない。


つまり精神がまだ未成熟な環境・・・学校教育において
「おまえらのジジイやそのオヤジたちは、外国に出ていって人を大勢殺してきたんだ!ついでに、当時の人たちは無駄死にしたんだよ!」

と、自虐的な歴史観を埋め込む事。
それが「嬲り、刺すと、熟れます」の部分ではないかと思います。


それに続々と賛同する人たち・・・
「ささ、どうか?」
「ええ、そうね!」

の部分。
これは、そういう思想が大多数に定着している、現代の団塊の世代の事だと思います。



一方的に片方の思想だけを精神の未熟で、聞いた事を全て真実だと思い込むような子供に生みこむ行為

いくら両方の思想を持っていても否定はしないと公言したあさきにとって、いくらなんでもこれはひどすぎると思ったのだと思います。


だからこそ
「こんなことが通用する世界なんぞ、滅んでしまえ!」

に、なったのだと思います。





左の思想であれば、やめたほうがいいんじゃねぇの?
という結論には至るでしょうが、それ以上に憎悪のような雰囲気が感じ取れる文章です。

先ほどの詩の解釈と、この部分の詩の解釈をあわせると、あさきは右傾化したのではないか

と私は感じました。


































母をかえせ 父をかえせ 私をかえせ

ここは、それまでの解釈をそのまま当てはめます。


本来なら存在したであろう自分たちを返してくれ!

という文章でしょう


自虐的歴史観を幼少期に埋め込まれた自分たちの両親世代。

そしてその両親たちに同じように育てられた私たち。



本来なら愛国心を持つのも持たないのも、その選択は個人の自由の範疇であるはず

それを一方的に、自虐的な歴史観を聞かされ、愛国心を持つものは異常だという教育をされて育ってきた父・母・わたし


本来ならば存在したであろう私たちを返してくれ!!!



そういう意味ではないでしょうか






















両手合わせ
小鳥翔つ日々の呼吸に 伍し高き誇りの炙られる
人よ 気がついているか!




:両手合わせ
 戦前の生活風景であると思います。仏壇や神棚に手を合わせる生活習慣の事であると思います。

:小鳥翔つ日々の呼吸に
 小鳥の飛び交うような早朝に起きる生活習慣。
戦前の生活態度から連想するものといえば、戦前の人たちの勤勉な精神ではないかと思います。



伍する
という言葉は、それに肩を並べるという意味です

つまり、戦前の人たちの、早朝に起き仏壇や神棚に手を合わせるような勤勉な生活習慣。それに肩を並べるほど高い誇りが、それらの自虐的歴史観によって炙られている。

それに現代人は気がついているのか!


と言っているように感じます。
 

















その後の文章については、まったく意味が見出せませんでした(ノ∀`*)ペチョン












というのが、俺の解釈です。
どうでしょう・・・?

















以前から俺はこの解釈でした。
しかし、あまりにも偏っているかなぁ・・・?という感じで発表できずにいました






しかし、新曲をあさっているうちに、別の曲を見つけ、それらの歌詞解釈を自分なりにしてみたところ、上の説にある程度合致する別の曲が現れました






それが、鬼言集です。





































猿の経以上に、わからない部分が多数ありますが、ある程度合致する解釈が出来たので、“あさき右傾化疑惑”に拍車がかかった形となりました。








鬼言集での主な意味は、俺は「北朝鮮」の事を言っているような気がします。





まほらがあるらしい

:まほら
 まほらとは、「真に秀でたところ」って意味で「良いところ、優れた国」ってな感じの意味合いのようです。
それを聞いて“あさき右傾化疑惑”のあった俺にとっては、まほらが「北朝鮮」の事を言っているのではないかと感じました。

海に関する文章も多いため、海一つ挟んだ北朝鮮の事を言っているのではないかという推論になりました。





昔、北朝鮮が日本にいる在日の人や、その配偶者を一緒に帰国させるような処置を取りました。
帰還事業というヤツですね・・・

その時、「学費・医療費など、全て無料である」というような内容で、帰国者を募っていたような内容のテレビを見ました。



学費・医療費無料


というフレコミだったと思います。


その医療費・学費無料という部分が星の法典(ほうてん)を作ってみたがどうか!?の部分ではないかと思われます。

星は命の抽象的文章だと考えると、命に関する法典、ということで、医療費無料のフレコミのことを言っていると思います。




海女がおいそれとは見えぬといったのは、帰還事業を行ってから全く人が帰ってこなかったからではないかと推測しました。


誰からも行ってみた人の、実際の意見を簡単には聞けなかった。
だから、おいそれとは見えぬ、なのでしょう。




 




さて、じゃあ実際にまほらがあると信じ込んで北朝鮮に渡った人たちはどうなったでしょう・・・?



個人的な見解として、海女は男性目線からいって、とても性的魅力のある存在だと思います。

現代は水着の女性なんてそこらじゅうの雑誌で見られますから、海女は別に性的魅力のある存在ではありません。

ですが当時は露出度の高い服なんて、タブーに近かったでしょう。
当時の海女の露出度は、当時にしてはとても高く、そのためとても性的魅力のある存在に見えたであろうと思います。


そしてほこらしげである等で、甘言をささやきます。


この曲では
・女性が男性に「あなただけにイイコトしてあげる」
的な意味合いと
・「朝鮮民族の人だけに、いい話をおしえてあげる」

という意味合いがかけられているものとおもわれます。

甘言をささやく表現としての海女なのではないかと、俺は推測しました。





海女だと思っていた人たちに、イイコトを甘い言葉で吹き込まれたと思った人たち。

だけど実際は、海女ではなく鬼の類だった



甘言に耳を貸してしまった人たちが、実際に北朝鮮に行ってみると、まほらなどなかった
のではないのだろうか。


そして、行ったら帰って来れなかったため、引きずり込まれたのではないだろうか・・・







というのが、俺の鬼言集の解釈です。





ラストの彼は 今も 祭祀(さいし)しているの部分




北朝鮮の内情は、テレビやネットで調べてもわかるとおり、相当ひどいです
それほど辛い場所に追い込まれた人たちは、祭祀するように、その場所(北朝鮮)でまほらを熱中して探さなければやっていけないほどではなかったのだろうか




もしくは彼という文章が“金正日”をさし、祭祀するように「自分の国が最先端である」ような振る舞いをしているのではないか




という二つの意味合いがかかっているように思います・・・




















これが現状で俺の考えうる“あさき右傾化疑惑”の全体です。

なんか書いててこじつけが多いような気がしましたけど・・・どうでしょう?
[あさき右傾化疑惑]の続きを読む
| 雑談 | 23:59 | トラックバック:0コメント:1
生存確認と駄文
こんばんわ~
一応生きております牛乳です



一応就職決まったり、ライブイベントが決まったりでウハウハ。
そして社会人としてやっていけるかなぁ?というウハウハなのか困ってるのかどっちなのかわからない牛乳でございます。

まあそんなことはどうでもいいかwwww






















久々の日記で、音楽の話題


ぶっちゃけた話、俺は歌が上手い

相当歌が上手いと、自負している。




けれど、他人にはへりくだる。


「俺下手だし^^;;;」






いつもそういっては、「うめぇじゃねぇか馬鹿野郎!」というせりふを聞いて、悦に入っている。














前回の日記を書いてからも、いろんな人とめぐり合い、たくさんカラオケに行った。

ニコ動歌い手やバンドボーカリスト、挙句の果てには、プロで活動しているヴォーカリストの方ともカラオケに行っていた。







そのプロの方というのはMIXIで知り合った。


女性でまだ16歳という若さだが、はっきり言って今まで会ったことのある女性ヴォーカリストの、全員の技量を圧倒的に抜いているというほどのレベルだった。





視覚的にあらわすなら、彼女はモースの硬度計でいうダイアモンドの突出具合だ





モースの硬度計を見ればわかるが、硬度9の硬さの物質はとても硬い。

だが9と10の差は、10倍も違うのだ。

1から9までは一直線にあがっていたと思いきや、10でいきなり突出する。




俺の中での彼女は、まさにそれだった。













べつに彼女に恋心を抱いたとかいう話じゃない。


彼女のある心情に、とても感銘を受けた。














それはまだ知り合ったばかりの時の話だった。



MIXIでメッセでやり取りをしていた。





そこで俺はこう言った。








「歌上手いんですよね^^」










日常の経験から言えば、この後に続くせりふは「いや、まったく私上手くないしwwwwwww」だ

大方の歌の上手い人は、自分が上手くないと謙遜するのだ




俺もそれを知っていたし、どういう風にプロの方が謙遜するのかを見てみたかった。






だが、彼女は全く想像できない一言を言った。





























「まあね、プロだし。そこいらのアマチュアと比べてもらっちゃ困るよ!」














その一言を言われた瞬間に、俺はこう思った。



「ああ、そうだよな。相手はプロだもん。」







そのときは、そこで俺の思考は止まっていた。



















それから一週間ほど過ぎて、眠れない日があった


なんということはない。ただ昼に寝すぎたから、夜になって寝られないというだけのことだった。





眠れないでベッドに入っている俺は、眠るまで適当な妄想をしているのが、楽しみだった。




書いている小説の書いてない部分を妄想したり、すごく厨二病的なことを妄想したり・・・











そして妄想のネタが尽きると、彼女の言葉が頭の中で反響するようになった。








「うん、私は歌上手いよ!」







その言葉が反響している俺は、そのまま眠りそうになった。

まどろみが俺を襲い、夢の中に入り込んでしまいそうだった。














けれどその瞬間気づいた。


彼女の言ったことが、とんでもない事だということに。













殆どの歌の上手い人というのは、謙遜をする。




「そんなに上手くないからwww」


「俺下手だしwwww」






だが彼女は一切謙遜せず、「私は上手い!」と言い切った。














これって、すごいことだよな














今みたいにネットが発達していなかった時代でも、特定のコミュニティというのはあっただろう。


歌の好きな人が集うコミュニティも、たぶんあったはずだ。







その中で謙遜ばかりする人たちが彼女を見たら、どう思うだろう?











「ふん、調子に乗りやがって」






そう思われる事もあっただろう。





もしライブで少しでも音を外したら、こういわれるだろう。







「口ほどにもない、ヘタクソだなwwwww」














そういう危険があるというのはわかる。






自己を守ろうとするアマチュアは、「上手くないからwwww」と謙遜する。

影ですら、自分の歌が下手だということを、言われたくないのだ。


そういう程度なのだ。







だが、彼女は違った。





少しでも音を外そうものなら、感情を乗せ損ねたなら、とんでもない量の罵声を浴びせられるだろう。



謙遜する人よりも、圧倒的な量の批判を食らうのは目に見えている。

歌を歌うのが好きなのに、それに対し罵声をくらう。

それも想像もできないような量の罵声。



しかも今は昔じゃない。

ネットも発達し、動画サイトも多数ある状況。
下手をすれば、2chで叩かれて祭りにすら発展する危険性を秘めている。

そういう一言を彼女は言ったのだった。





























すげぇよな






できねぇよな
















歌は好きだ。
たしかに好きだ。

そして俺自身、上手いという自負も持っている。



それでも自己を守ろうとして、歌が上手いといわれると謙遜する俺だ。

こんな、数人しか見ないようなブログにしか、自分は歌が上手い、とかけない。




こんなレベルの俺からすれば、彼女はすごい。


批判にあう事を知りながら、彼女は「歌が上手いよ!私!」といったのだ。

顔も見えない、自分より圧倒的に歌が下手な相手に「ヘタクソ」と言われる危険を孕んだ言葉だったのだ。




それでも彼女は、その危険を孕んだ言葉を言った








それほどの状況に置かれ、自己の歌唱力を高める



そういう次元に彼女は生きていた。























すげぇよな









できねぇよな
















そんなこと、俺には出来ない。

そんな危険の孕んだ一言、こんな場所でしか言えない。









改めて感じた。プロというステージに立つすさまじい存在を、その生き様を。


そして思った。

俺自身も、さらに上手くなるために、彼女の後を追おうと。







だから、この日記の冒頭で、自分は歌が上手いといった。

俺の歌を聴いたことのない赤の他人に、ヘタクソとなじられる勇気は、少人数しかいないここならまだある。




精一杯磨き上げて、もっと上手くなりたい。

好きな歌を表現できる技量がほしい。




プロの方と会ってそう思った。

こう思わせてくれるだけで、彼女には感謝しないといけないな・・・



ありがとう
[生存確認と駄文]の続きを読む
| 音楽 | 03:52 | トラックバック:0コメント:2
宣戦布告! そうであってほしい
ここ数ヶ月は、ニコニコで知り合った人たちと一緒にカラオケに行っていた。
その人数はだいたい50人くらいなのだが、その中で選りすぐりともいえる4~5人の人達と一緒に行っていた。

技量では一般人より明らかに抜きん出ている。カラオケによく行くやつらがこの中に入っても、技術的に疎外感を感じるレベルだろう。




自分で言うのもなんだが、その中でのトップ2は俺と、友人であるOだった。





俺が裏声寄りの発声をするのに対し、Oは地声寄りの発声をしている。

まさに対極にあって、考え方も全く違っていた。







だがそんな二人でも、仲が悪くなるようなことはなかった。

よく一緒にメッセンジャーで話もしていたし、週一回あるカラオケでは毎回といっていいほど、Oと一緒に行っている。
それくらいの仲だった。

つまらない話で盛り上がることもあったし、下ネタの応酬で笑いあったりもした。







つい先日、ニコ動の超有名な歌い手さんが、カラオケに乱入してくれた。


圧巻だった。



自然にかかるビブラート、自然な高音のつなぎ、全体的な完成度の高さ。

いくら年齢に差があるとはいえ、それほど差があるとは思いもしなかった。それと同時に、ニコ動の有名歌い手ならそれくらいの技量があって当然、と割り切れていた。








その日から3日たった今日、いつもと同じようにメッセが始まった。

そのカラオケメンツでの会話で、あるMIXIのイベントについてだった。




あれ、行く?

行く行くwww

俺も行くしwww




そんな会話で満たされていた。


いつもの光景。

そんな当たり前の光景が、今日はがらりと崩れた。







一人の発声の未熟な子に、俺が軽く指導をした。


前の日記でも言った「あ の口で お の発声。それを真っ赤な誓いの最初の部分でやると出るよ!」


それが俺の言葉だった。







そこから、今まで普通だったOが、今までしなかったことをはじめた。









「いや、そんな簡単じゃないし^^」









批判に来た。

最初はわけが分からなかった。厨房のような会話をするとはいえ、仮にも同い年だ。他人の苦労を、易々と否定する奴には思えなかった。



さらに彼の責めは続く。









「お前のはミドルじゃないよ^^」




「俺はそんな発声覚えないで、基本やりますね^^」




「おまえの観点、間違ってるよ^^」











いつもは言われない事だった。

言われた瞬間に、胸の奥が冷たくなるような感じがした。






必死にその感じを悟られないように、適当な言葉で回答を先送りにしながら、俺は自己を守るために心の中でそいつに対して痛烈な批判を浴びせていた。





だからどうした?

そういうおまえは、最も基本的な地声が出来てないじゃないか

レコーディングで使える声は、お前は良くて半オクターブ+α。こっちは2オクターブ強だぞ











愉快だった。

愚劣な言葉を言った奴に、それ以上にぶちのめすストレートが快感で仕方が無かった。

ざまあ見ろ!
























だがその満足感も、数秒も経てば無力感に変わった。







そういう事を思った瞬間にわかるのだ。

そういう批判をして自己を守ろうとするほど、俺は小さい人間なのだと。














それ以上に俺は思っていた。


そいつが単に批判したくて、そんな事を言ったわけじゃないと。









ニコ動の有名歌い手がカラオケに乱入して、一緒に歌ってくれた日以来、俺は今までにないほどの向上心を得た。

ここで終わってたまるかよ

火が付いた














だとしたら、相手も同じ心境だっただろう















ならば同じくライバルになり得そうな存在に、最大限の力を発揮させながら、倒したいだろう。

怠けるな!すぐにお前なんぞ追い抜いちまうぜ!











あの痛烈な批判は、俺の中ではそう受け取った。

いや、そう受け取りたかった。









単なる批判でも良かった。お前はまるで分かってないと笑われたほうがよかった。

そう思っているほうが良かった。




だって楽だから。









他人の批判だけで気が済み、一切向上する努力をしないまま終われるからだ。













けれど俺はそうは受け取りたくなかった。

そんな批判しかしてないと思う事は、同時に俺自身を小さな奴にしている証拠だろ














今日の批判は、すごく辛かった。

けれど、今はありがとうと言える。







今まで触れてほしくなかったような、明らかな発声の間違いを、関係が悪化するという事を考慮しながらも、言ってくれたのだから。























MIXIではこっぱずかしくていえない。


だからこっちで言う。





















ああ、ありがとうよ!
目が覚めたぜ

目を覚めさせたからには、俺を追い抜く覚悟は出来てんだろうな?
てめぇもすぐについてこねぇと、さっさと別のステージに上がるぜ!!






こういう良きライバルが俺の周囲に存在する事を、感謝したい。
こいつとあわせてくれた運命とやらに。
[宣戦布告! そうであってほしい]の続きを読む
| 音楽 | 02:10 | トラックバック:0コメント:1
夏だねぇ!!
夏に最強に弱いものの、女性の薄着や胸の膨らみ見たさでどうにかこうにか生きております牛乳です
いきなりセクハラで失礼しまs――⊃)゚д゚)・∵.


毎度毎度のことですが、生きてるという生存アピールのために近況報告する俺ですwww




部活、もう4年からOBなんですけど、そのクセにライブに普通に出てます。

本当はイケないんだけどねwww
でも前例があるから、グタグタと文句は言われてません。
つうか、相手とか部長とかも年上っての気にして言ってこないです。

OBだから部費払ってないってのに、出演料だけでライブ出させてもらってるわけです。
そんなこんなで、現役生に頭が上がらないですorz


というわけで近況ライブ報告



Ⅹやるバンドを二つ組みました。
片方はもう練習開始しております。

ついでに、部内ライブにも出させてもらいました。
片方Voで、俺がギターという異色なバンドですた。




音楽は順調な感じなんだが、就活は全然な俺orz

エフェの会社、書類で落ちて依頼、全然やる気がおきねぇwwww
そろそろヤバスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




学業は↑二つの中間って感じです。
卒研には着手できるギリの単位て感じです。
だから今年も一年次とかわらないくらい多く教科とってたりします^p^;;







ここ最近で一番特筆すべきは、Vo能力がやばい上がったwwww
ってことっすね
まあ、やばいあがったのかどうかわからんけどもwwww



ミドルボイスというのを習得してから、グレイやラルクは難易度が標準にまで下がりました。


ミックスボイスというのを習得すれば、音域がEまで上がると勘違いしてた俺です。

実際はミックスはhiC~hiEまでをカバーする声区だったようで、hiA・hiBではだましだましミックスで発声していたかな?
という感じです。


音も弱くなるし、芯も細くなるし、なにより小刻みにブレるんですよねww



ところがミドルになると、hiA・hiBあたりドンピシャで強く発声できます。
一般的高音曲は、これでかなり完成度が上がりました。


ミックスとミドルは体感も聞いた感じも全然違いますよ。



ミックスは「高音!」という感じなのに対し、ミドルはミックスより地声に近い感じです。
そのうえ、ミドルは本気で発声するととんでもない声量になります。

地で本気で張り上げるとか、そんなレベルの声量じゃないです。
カラオケでマイク無しで部屋締め切り、その状況で外にあるトイレまで声が聞こえちゃうんですwwwwww

だから、ミックス習得したけどミドル習得できねぇwww
て人は、かなり変わり目がわかるはずですね。


俺の出し方のコツだけど、真っ赤な誓いの「oh~oh~oh!」の部分を(最初の部分ね)
ア の口で オ を発声する感じで出してます。

よーするに、口がすげぇ開くんですね。

ただミドル、イの発音がすっげぇむずいです^p^;;;







さて、近況報告も終わったし、寝るか~~~~~!











コメ返信
ネコ:そろそろやんねーとマズいよな!!wwwww

海:最近は人口が減ってきたから、就職も進学もどっちも有利になってきたね。
ただ、それで「楽勝じゃんwwww」とか思ってるとやばい。
この期を逃すわけにはいかん!とばかりに、勉強しまくって↑の大学目指しちゃいましょうwww
今なら、それもたやすいはず!
| 日記 | 00:08 | トラックバック:0コメント:2
生存確認
えーー・・・
なんだかんだで生きていますww
牛乳です。







ああ、例のSD-20はなんやかんやで購入できたんですが、計画が頓挫しますた




メインライターの留年、就職活動の激化、精神の未熟な者同士の不幸な恋愛頓挫及びそれによるコミュ内の空気の悪化。


上げればキリがないですが、このような様々な影響により計画は頓挫しますたwww

全体の制作意欲のレベルも、文化祭やるぞー!程度のレベル止まりでしたし、途中で頓挫するだろうというのは目に見えてましたけどね。


制作意欲があっても、作曲のオリジナリティが沸いてこない俺とか、それ以上に論外な希ガスorz

BGMとか何作りゃいいんだよorz
せめて、ピアノくらいは習っとくべきだったかな?と後悔中~







ああ、でも、なんやかんやで製作には携われました。

別の件で東方?とかいうのの同人ゲームの同人曲を作曲した人に、UA-25やその他もろもろの機材提供をして、その曲のVo取りをしました。

マイク・マイクスタンド・UA-25・ポップガード・モニターヘッドフォン
などの大量の機材を、電車で内陸部まで運んでの作業は、疲れたけど楽しかったですwww


いちおう機材提供は俺で、作曲(編曲)は別の人。
発声指導も俺がやりました。(半分くらいw)

俺?歌ってないですwww
女性のVoが似合うアレンジにされていたので、適正音階と技量の問題から俺はやりませんでしたwww


あとその後のVoトラックのエフェクト編集も、携わりました(ていうかVoエフェクト知識あるの俺だけ・・・orz)
コンプレッサー→フィルター→イコライザ→リバーヴ→フィルター→ノーマライズ等々・・・

口頭で説明できるだけのエフェクト処理なぶん、いい按配に設定するために若干の経験が要されます。



いやまあ、ズラズラと適当なこと述べてますけど、実際やったことなんてたかがしれてます(^ω^;)






米返信
サリー>>このとおり、ちゃんとした心構えがないと頓挫しますwwww
出来る技量があっても、やりきる覚悟というのの必要性を、改めて再確認しますたorz
| 日記 | 02:07 | トラックバック:0コメント:2
お金たまったw
誕生日に友人から現ナマ10kもろて、とうとうSD-20購入に目処が立った牛乳ですこんばんわ。

4~5名の友人に感謝感謝ですw




さて、えろげのほうはどうかというと

勝手に音楽班班長に就任しちゃいましたw

ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ








orz




正直他班のがんばりがすげぇから、プレッシャーもすげぇorz

俺でできっかな・・・orz






今年はいろんな意味で忙しい年になると思います。

当面挙がってる予定は

・エロゲの曲提供
・同人の曲提供(演奏提供の可能性有り)
・卒業研究
・就職活動
・部活
・ホテル ヘ(゜Д、゜)ノあひゃひゃ




マジしんどいorz



でもまあ、忙しさを理由に上の予定を手抜きなんかしたくないです。

忙しいとかいいながら、家ん中で「だりぃ~」とか言いながらボケっとしてたりしますからねw
そのぶん製作にまわさんと m9(`・ω・´)シャキーン



コメ返信
ein:さすがニコ動連中って感じだ。リアル才能の無駄遣いwww
| 音楽 | 14:48 | トラックバック:0コメント:1
おひさっ!
元ヴィゾこと現evergreen管理者のein-herjarの日記を久々に見るべくアクセスしたら、1ヶ月書かないと出る広告が表示されていたため、なんとなくで更新してる牛乳ですこんばんわb

更新減ってきたのは、たぶんmixiのせいだとおもいますw

あ、知人なら、言ってくれればいつでもmixi招待メール送るのでw






えー、近況報告。

ニコ動のイベントに参加してから、その後の飲み会に出た連中と仲良くなりまくっちまいやがりまして、MIXIばっか見てましたwすんませんww



こいつら、さすがカラオケOFFを連発しまくる連中だけあって、歌はめちゃんこ上手い。
他のカラオケOFFなんかの連中とは比べ物にならないくらい上手い。

上下の音域の広さならまだ俺がトップだが(ま、一般人にフラジオレットが出るとおもえんし)
ミックスを連発し、なおかつ強い声のやつがいたり。
自然にヘッドボイスを使いこなしてるやつもいたり。
特徴的な倍音が混ざってすっげーかっこいい声で歌える奴がいたりであなどれません。

俺が実際にカラオケに行った人のなかで、初めて女性でミックス使える人にも会いましたし。

とりあえずボイストレーナーとして活躍してます。ええ、エセですがww







カラオケだけかとおもいきや、そいつらの才能の無駄遣いはとどまることを知りません。

ニコニコ組曲替え歌に始まり
絵師がコミュ内の男をBL風に書き(俺は体育教師で少年襲ってる設定でかいてもろたw)
他にも絵師が現れまくり
俺がスカイプでギターとベースを弾き
コミュのメインとなる2人の人物のうちの一人が、劇団などで活躍するその文才を発揮。

これだけのことができるやつが集まってるなら、なんか作ろうぜ!
という話になった。


そして作ることになったのが・・・






























エロゲ
































しかもこれただのエロゲじゃない。
コミュ内の男を女体化して、そこから物語を作ってくっていうエロゲ。


うっはwエロゲーかよww
とか思いながらも、現実的に実現可能っぽいんですよね。(絵の専門学校行ってるやつもいるし)

というわけで、夏に向けてエロゲ作ってますorz









ちなみに、俺が担当するのがやっぱり音楽。

絵師はたくさんいるけど、現実的な演奏経験に基づいた曲を作れるのが俺だけwwww
いや、一応は音楽作ってくれそうな奴はいるんだが、そいつが絵の専門いってるやつで仕事増やさないようにしないと・・・と思ってます。





しかし、俺の手元にある機材はオーディオI/Fとか、ギター、ベースの録音に使うものばっかり!
MIDI音源は無い!
フリーのソフト音源じゃ限界がある!!










というわけで、一ヶ月くらいで金ためて、このSD-20を買おうと思います。
ttp://www.roland.co.jp/products/jp/SD-20/index.html








このSD-20は音色数はかなり少ないほうだが、音のよさがすごい。
ttp://www.roland.co.jp/products/dtm/SD-90.html

↑のSD-90のサイトの一番下にある、デモの音を聞いてみてください。買おうとしてるSD-20はこれと同等、もしくはそれ以上の音です。(SD-90より圧倒的に音色数は少ないけどw)






んで、買おうと思った最大のポイントは
SD-90は9万円台なのに対し、SD-20は3万円台!
中古で買えば2万円台!

くわえてあの音色ですからね。買わないわけにはいきません。







というわけで、久々な作曲活動を続けている牛乳でした~ノシ




追伸:彼女、妊娠してはいたが、シングルマザーのようだ。
    まだチャンスはあんじゃねぇか。
    後悔しないように、今度は全力でアタックかけます。
| 日記 | 18:13 | トラックバック:0コメント:1
ごめん、初めてダークサイド見せるわ
最近更新が滞っていた牛乳です。

まあ何があったかっつぅと、MIXIにニコニコ動画目的で参加していてブログ更新が遅れたって感じですかね?


このブログ、初めてどれくらいになりますかね?
最初がヴィゾ・ネコ・ベルセウス・D・俺でやったOFF会の前日くらいからだったから、もう2年以上も書き続けてるわけですね。


まず最初に言います。
2年もこんな馬鹿げたブログを見続けてくれたみんなに感謝!
今も見続けてくれるのが何人いるのかわかんないけど、感謝します。ありがとう。





ここで2年近くブログやってきてはじめて、俺のダークサイド晒します。


俺は今はMIXIメインでやってます。
ときどきブログも更新する予定ですけど、若干MIXIがメインになる感覚は否めません。


俺ね、基本他人と接触する意識ってのは陽気な人間でいたかったんです。
それに、辛い事を愚痴らないで、自分の中で解決できる強さがほしかったから、極力陽気な人間として他人と接してました。

けど、MIXIで陽気な俺が十分だせるから、ブログではダークサイド載せてしまっても構わないかな?って思ったんです。

それにちょっとだけ、陽気なままで隠し通せる限界を超えそうになってるし。






きっかけはMIXIです。
某イベントに参加するために、友人に誘われてはじめたんです。
正直、ちょっと煩い人もいたから、俺だってばれないために偽名を使ってたんですがね。

先日の土曜、そのMIXIの某イベントにも参加して、すごい最高の思い出を作ってきたばっかりです。ほんと、すごい楽しかった。



けど、本当にすごいですねMIXIって。
登録人数が多くて、ずっと昔の友達も名前入れれば十中八九発見できるくらい人数多いんです。

それで、さっき自分で昔の友人の名前を入れて検索してたんです。
そしたら、やっぱり昔の友人が沢山検索にひっかかってくれました。



そして、俺の好きだった子も、発見できました。




正直、高校で卒業してからもずっと好きだったんですよ。

いつかまた会うチャンスがあれば告白もできるかな? って、淡い幻想抱いてたんです。


けど、彼女の自己紹介を見て、その淡い幻想が本当に単なる幻想にしかならない事を知りました。














彼女、妊娠してました。

予定日は、2月だそうです。










心になにか冷たいモノを感じるのに、そんなに長い時間はかかりませんでした。





どんな男とくっつこうが、俺はあきらめませんでした。
別れる事を期待してたんです。


けれど、もうあきらめなければならないのかもしれませんね。
何せ、彼女はもう他の男にモノにされているわけですから。

















最悪ですよね。

よく思い返してみたら、俺、すっごい最高のタイミングで告白できる機会が一度だけあったんです。

3年前の冬、俺の誕生日に、彼女と二人でカラオケに行ったんです。
そこで告白してたら結果は違ったかもしれない。

彼女をモノにしてたのは俺だったかもしれないってのにさ。




そんなチャンスすら逃してしまう俺。







自分のふがいなさに腹が立つ。
本当に俺はクソッたれじゃねぇか














でも、腐ってばかりいるのも駄目だよね。

次に心から愛せる人が出来たら、同じ過ちを繰り返さぬように。






妊娠、おめでとう。

きみに感じたこの気持ちは、嘘じゃないから。
[ごめん、初めてダークサイド見せるわ]の続きを読む
| 未分類 | 20:57 | トラックバック:0コメント:1
ひさびさの更新じゃんw
さいきん学食で聞き耳をたてるとあちこちからニコ動の話題が聞こえてくる牛乳ですこんばんわ。
日本国民の30人に一人がニコ中なんだから、青年+工学部という縛りを加えたら、そりゃとんでもない数値にはねあがりますよ。




HDDですが、一万二千円でおつりがくる値段の、500GBのを購入しました。
Ipodとかばっかり注目してたせいで、HDDのそれも内臓でなら大量で安価な物が手に入るということにびっくりしました。


しかしDELLいいわDELL
パソコン詳しい友人と秋葉いったんだが、彼いわく「電源を分岐させなきゃ・・・」らしい。
PCの説明書読んでHDD入れるスペースがあるのはわかったんだが、電源のことなんてまったくといっていいほど失念してたわけです。

んでもってHDD購入して、それを接続するSATAのケーブルと、電源を分岐するケーブルも購入。
家に帰って早速取り付けるために中をのぞいてみると・・・

すでに電源が分岐した状態で、その端子にはゴムでカバーがかけられてました。


ただでさえ安いのに、後々の増設とかを考慮した配線の仕方に、感動しましたw
DELLいいわDELLwww

まあそれのせいで、SATA以外のケーブル全部で千円ほど無駄にしてしまいましたがw


ちなみにDVDドライブが不調で、あたらしいドライブも4000円台(!)だったんで買いました。
これも内臓ドライブです。
この値段で読み込みはおろか書き込みまでできるとか、すごすぎだろw

これも電源、配線の分岐買ったんですが、やっぱり増設は出来るようにあらかじめ配線されてますた。

DELLいいよDELL


ちなみにその接続の端子ですが、取り外しやすいように取っ手ぽいのがつけられてました。

DELLかわいいよDELL


まああんまりDELLばっかマンセーしてると社員と思われかねないのでやめますw学生だしw




それにしても知らなかったが、最近のPC類の進化はすごい。





USBメモリーも16Gなんて阿呆なのでてるし

microSDもあんなサイズで4Gとかあるし

CPUに至っては、俺のPCのCPUを最大で11倍以上もの速さで動ける有様で


ほんとね、お手ごろ価格で性能よすぎて気持ち悪いですよ、おええorz

だいたいmicroSDで4Gてなんすか4Gて!

俺のひとつ前のPCなんか、バラバラにして不燃ごみとして捨てる時にHDD取り出して見たら3Gだったんですよ!?

DVDより容量少ないってのに、microSDみたいな極小サイズで4Gてあんたww
しかももうすぐ8Gてwwww

最近の技術の進化に頭がついていけません牛乳です。







あー酔ってきた・・・
あ。うん。酒飲みながら書いてます。

ちなみに飲んでるのはスピリタスという、これまた阿呆な酒です。


なにしろ、アルコール度数は96%
もちろんストレートなんかじゃ飲みません。ペプシで薄めてビール500mlと同じ程度のアルコール量にして飲んでます。

つうかさすが96%
ストレートで飲もうとしたときに、口に入れて息はいただけで全部蒸発しちまうなんてな

このスピリタス、スーフリのアレで女の子ぐでんぐでんにさせるために使用されたらしいんで、なにかとDQN色の強い酒ですが(割って飲んだら全然アルコールっぽくないし)
ビールと同じ分量で計算してみたら、このスピリタスはビール1ケースと同じだけのアルコール有してるんです。
それなのに1,000円台www

コストパフォーマンスはとんでもなく良いですスピリタス。



それに俺はたばこ飲みでもあるんで、スピリタスは特殊な使い方をします。
それは濃度の高さを生かして、オイルライターの燃料に使うって事です。

スピリタス燃料のオイルライターでたばこに火をつけると、重さは変わらずに、味に良い香りと重厚感が加わります。
だから、これでパイプに火をつけるといい香りになるんじゃね?って思います。
ただ、揮発が早いんで2日もしたら燃料補充しないといけないんですがw


ちなみに、濃度の高さもあって、たばこの火だとかで引火して大やけどっていう事例もかなりあるんで、保管だけでなく飲む際にも注意してくださいね。(俺は割ってから飲むからあんま関係ないけどね)



それじゃ、寝ます。

コメント返信
蓮:うんうんwそのおかげで常にバックアップ取る体制も身に付いたよ。
  でも、本当になくなって困るものって、CD-RWに入れられる容量なんだよね(俺の場合小説とか)

サリーつうかジェシカ:おお、了解。追加しといたよ~
 5~60位て何?ブログランキング?メイポ?どっちにしろすごいわ~w
| 日記 | 01:38 | トラックバック:0コメント:1
パソコンオワタw
CP止まってナンテコッタイ
という状況の牛乳ですこんばんわー

まあ、別のCP使って書いてるんで、絵文字がまったく使えなくて困ってますw


事の顛末は俺のエロ心にあった。
色々ZIPであげてるところがあって、俺も色々落としてたわけだが・・・

「あれ?なんだこれ?」

と、変なファイルをクリック


一瞬でPCが変な音を立てまして、さすがにヤバイと思った俺は即効で強制終了したんですが、完全に後の祭りorz

再度起動してみると、ウィンドウズXPを立ち上げる画面すら出ないという始末!


仕方なしに以前のデータを消す覚悟でOSを再インストール。
んでもって、それでもまだ以前のデータが残ってて「良かった~」と思ったわけだが、残ってると分かると、そのデータを救出する作業の必要性を感じたわけですわ。



というわけでHDDがほすぃ・・・という状況ですww





それでPCに詳しい友人に聞いてみたのだが、最近はかなりの安値でHDDが売ってるっぽい。

ためしにしらべてみたら、500GBで1万2千てどうよ?w
今度友人と秋葉にでも買いに行こうかと思いますたw







コメント返信
ネコ:ちょw修学旅行で何するつもりだwナニするつもりか?w

サリー:12月に沖縄か・・・。俺の時は3~4月に行ったのだが、それでもあっちは東京の真夏並みの暑さだったなぁorz
    俺も子供のころなにもやってないよ状態www
| 未分類 | 00:04 | トラックバック:0コメント:3
夏休みの終了
今日夏休みが終わり、とりあえず学校に行ってきた牛乳ですコンバンワ~
明日は振り替え休日なので、カラオケにでも行こうかとおもいます。



この夏休みは色んな事がありました。
曲も一曲完成させたし(でもカバー)
小説も文字数にして92,925文字もカキカキしますた(14万くらいいってるかな?とおもったけどもw)



とりあえずこの夏は色んな場所に行ったんじゃないかとおもいます。
能登半島に、新潟に、富士山近くの山梨!
5時くらいの明るくなり始めた時間に間近で見た富士山は、思わず「ありがたや~」と言ってしまうくらい素晴らしいもんでしたよ。


最初の能登はゼミ合宿。ゼミだから勉強かな?と思っていたら5日あったうち勉強したのがたったの1日wしかも午前の少しのみというw
見た目は真面目そうな教授も飲みまくったり、海女さんルックで銛持ちながらウニ取りまくってておもしろかったですw
でも日焼けで痛い肌なのに、突然風呂だけ停電して熱湯しか出なくなるお風呂があったその旅館は今後は二度とカンベンですorz

んで新潟。これはたんにカニ食べに行っただけだったんだが、泊まった母の本家で3人くらい子供が増えててびっくりでした。遠くで花火上がってるところでよく見えるように肩車してあげたりすると、俺も子供ほすぃ~(*´д`*) てな気分になりますね、マジで。


最後に軽音の合宿で行った山梨!
富士山のふもとで河口湖まで徒歩で行けるという、超絶好の場所にスタジオをかねたホテルがあって、そこに泊まりに行ったわけです。スタジオ入り放題w
とりあえずかなりおもしろかったですw

12時くらいの早い時間に寝ると、ローションを入れたバケツを持った部長が寝てる奴にそれをぶっかけて起こすイタズラがあったり(俺被害者第一号w)
突然部屋が雀荘に変わったりw(ちなみにその“雀荘”では、終始ニコニコの有名曲が流れてました)
スタジオに幽霊が出たり(マジです)
裸で亀甲縛りにされた後輩が廊下で置き去りにされてたりw
SMプレイ用のローソク持ったOBさんが寝てる人にそれをたらすイタズラがあったりw

最終日に一番でっかいスタジオ(なんと80畳!)でライブ!おくせんまんだとかアクエリオンだとか人として軸がぶれてんだとかやってた人がいましたw
そしてそのままライブ会場が宴会場へとはやがわり。
投票で上位に食い込んだ人は前に出て一気飲みさせられていましたw
それが終わると一気に無礼講的な気配になって、突然現役生同士のビールぶっかけがはじまります。
まあ、ビールはぶっかけられるわ、刺身だのキャベツだの枝豆だの飛び交うわでかなり面白かったですw(一日かけて汚したスタジオは、あとで一日かけて掃除しましたとさw)



たぶん今までに無いくらい内容の濃い夏休みだったと思います。














さて、明日は振り替え休日ということなので、カラオケに行ってこようと思いますが、問題が発生しております。

明日は瞳の住人を歌う予定なのだが、完全に歌いきれるかどうかがかなり疑問です。


一番の問題点は「ひとつのふうけいがの“なか”」と「ゆきのようにそらに“さく”」の“”でかこまれた部分の発声。

家でやってる時はこのhihiAとhiGの「なか」の部分は楽々発声できるんですが、カラオケで「ひとつのふうけいがのなか」と連続で行った場合、出せるかどうか不安です。

俺はカラオケで声量を稼ぐために少し息を多めに出すっていうクセがあるんですが、それで「ひとつのふうけいがの」の部分で息をけっこう使っちゃって、「なか」の部分を発声する時に出せるかどうか不安なんです。

息が多くあるとコントロールも容易ですけど、少なくなるとコントロールって難しくなりますよね?そう言うことですorz


肺活量はかなりあるんですが、まだ無駄遣いしてるみたいなんで要トレーニングですね。



コメント返信
サリー&蓮:残念。社保庁に関する両党の動きにもっと注目してほしかったorz
| 日記 | 19:07 | トラックバック:0コメント:4
一時間1000タイプとかマジワロタwwww
なんとなく4~5時間でかなりの文量をワードに打ち込んでみた牛乳です|☆∀☆)ノィョゥ


前からおもってたのだが、自分が書く小説がどの程度の長さなのかというのが疑問だった。
というわけで、手近にあるファウンデーションシリーズの三冊目である“第二ファウンデーション”から、一番分量が多い第七話(23P)をワードで打ってみました。

その文字数なんと13,639文字(!)
俺が書いた中で一番文量の多い設定資料集でさえ13,421文字。やべぇ、設定集負けてるorz


俺が書いた一つ一つの話を見てみると、文量少ないので1,000後半から3,000くらい。
文量多めで5,000から10,000文字くらいでした。平均すると一話あたりだいたい5,000文字付近ですかね?


一日で一話仕上げるのをやってると、本当に社会保険庁の1,000タイプ制限ってのは「阿呆だぁ~w」としか言いようがない。

俺がさっき打ち込んでみた文章で13,639文字。タイプで換算したら確実に2万は超えてるだろうな。それを4~5時間で打ち込んだ。タイピングの数で言えば5時間計算で二万タイピングとして、一時間4000タイプ。

俺もあまりタイピングが早い方じゃないんだけど、それでも一時間1,000タイプの社会保険庁は仕事が甘すぎだと。(一時間1,000タイプと記憶。一日1,000タイプなわけないしw)
こんなんならネトゲやってる高校生バイトで雇った方がすげぇ量処理するって、安くすむしなw








社会保険庁で思い出したが、今回の選挙はかなり卑劣だといわなければならない。メディアも民主も、そしてメディアリテラシーも持ってない無能な有権者も罪がある。

とりあえず俺は投票行きましたよ。まあでも自民には入れませんでしたけど。とりあえず諸派に入れてきました(文面から、何処に入れたかわかってまうww)

メディアリテラシーを持ってないとどうなるか、視野を広くして物事を捉えないとどうなるか。
今回の選挙で5000万近い人々がほとんどだまされた。その巧妙なやり口と、その詐欺にあったようなだまされ方を書くから、これから有権者になるであろうネコとかサリーとかの参考になれば幸いだとおもう(大げさw)


















まず今回の選挙の争点は、ご存知“年金問題”だった。
これは元々社会保険庁の腐った管理体制のせいでこうなったわけだ。
つまり、自民自体には全く責められる要因はなかったわけだ。
それでも連日のように選挙前にメディアは自民が悪いような事を言って、メディアリテラシーを持ってない人たちを誘導していったわけだ。

(自民は保守色が他の政党より強い。メディアは左翼的なものを応援するようなカタチになってるから、自然にそうなっただけだろうけど)



んでもって民主党。これはメディアを利用して得票数をガバガバ稼ぎまくったわけだ。

(民主の支持母体に日教組がある。日教組は左翼要素が強いから、メディアも応援するカタチになるね。)



ここからが重要。今回民主を選んだ人がどうだまされたか・・・





基本的に年金問題は、社会保険庁の腐敗体質のせいで発生した。
5000万件も記録浮いちゃいました だの
一時間1,000タイプ だの

とりあえずこんな腐った所を温存なんかしていれば、健全な年金制度の存続なんて危ういってのはわかるでしょ?
つまり、社会保険庁を解体して、あたらしい年金制度に関わる省庁や機関を作らなきゃ駄目だって話だ。



んでもってそれに関わる自民党の動きだが

→社保庁改革関連法案を提出

これは社会保険庁を一度ブッ壊して、新しく日本年金機構てのを設立して根本から問題を解決するものだ。



んまぁ、聞いた限りでは普通の動きでしょ?
腐ったところ切り落とすとか普通じゃない?


ところが民主の動きはとんでもなかった







これに関わる民主の動き

→歳入庁案

これのどこがとんでもない事なのか・・・
それは、この法案では社会保険庁の職員はそのまま歳入庁に公務員資格のまま入ることになり、実質単なる横滑りにしかならないという事。

あれ、おかしくね?


責任だれがとんの?




とまあ、こんな動きをしてたわけです。

「あれ、おかしくね?国民のための政治する政党がなんでこんな事すんの?」
て思った人もいると思いますが、それは一応正論です。
けど、そうもいってられない事態があったわけです。




自民が社保庁改革関連法案を提出した時に、突然年金問題が浮上して、それがなぜか自民の強烈な逆風になった。これ、ちょっと考えると不思議じゃない?


事の発端は、一番有力なのが、社保庁官僚が民主党に情報をリークしたっていう指摘がある。



実は民主って結構内部で対立があるのよ。
憲法問題も視野に入れてる自民がいると、民主党内は改憲派・護憲派の対立で収拾がつかなくなるし。

それに教育改革も、日教組を支持母体としてる時点で意味のある政策を打ち出せない。



年金問題が注目されて、それが自民の逆風になれば、民主にとっては「憲法」も「教育」も吹き飛ぶからまさに一石二鳥。

というわけで、リークされた情報を民主党は、これを待ってましたと言わんばかりに、自民叩きに使用することになる。



それになにより、自治労を有力な支援母体にしてる民主としては、社保庁解体そのものを潰す必要があったわけだ。




とりあえず、民主が社保庁解体阻止にやっきになった事実を忘れてはならないと思う。






じゃあ社保庁解体への筋道をつけたのはだれか・・・

それが意外に思うかもしれんが、テレビでは無能として有名な阿部総理だったりする。

与党内の会期延長反対も押し切って会期の延長をきめて、社保庁改革関連法案を成立させて、しっかりと社保庁解体への筋道をつけた。

阿部総理のこういう態度こそ、年金問題へのもっともマジメな対処だと俺は思うんだが、どうだろう?

(阿部総理は無能で有名だけど、テレビに出ないだけでかなりのことをやってます。実はかなり有能です)






というわけだ。こういう事があったっていうこと。事態の本質を見誤ってはいけないってことやね。

社会保険庁の腐った体質に、普通の人がむかつくのは当然。

ということは、批判の矛先はその腐敗体質をもたらした自治労に支えられて、その利益を代弁して、社保庁解体に最後まで抵抗した民主党に向けられるべきじゃないのか?


ところが、社保庁への怒りが、社保庁解体に最大の努力をした自民・阿部政権への批判に繋がってるのは、何かおかしくないか?






んで、選挙で自民は大敗で民主は大勝。
民主の数字はどれだけ有権者がだまされたのかっていう数字だし、どれだけ本質を見れない有権者がいるかっていう指標にもなる。


ちなみに動画で解説してるのもある
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm589465
(ごめんマジニコニコ動画orz)



俺自身は選挙の時には知ってたけど、一般の人は知らなかったみたいだから、あえて書きますた。

こういうだまされ方をしないために、すこしでも知恵をつけとかなきゃな・・・・って話でした。



さて、午後になったらパイプ吸って小説書くかなw(まだ書くかw)




コメント返信
サリー:健康つうか、精神面で非常に弱体化する可能性があります。
しようと思えば何日でも禁煙できるんだが、やっぱり肉体的にじゃなく精神的にきついね。







ちなみに今回の記事の文字数、2,696文字w
| もの申す系 | 12:23 | トラックバック:0コメント:2
明日後輩のライブなのだ
( -。-)スゥーーー・・・ (o>ロ<)oコンバンハアアアアアアアア
明日後輩のライブがある牛乳です

話は変わるが、面白いのみつけたんで、やっとく俺w






+ 小説書きに100の質問 +


1 まえがき(あなたの意欲をどうぞ)。
 自分が、やりたい事をやるだけ。

2 あなたのペンネームを教えてください。
 普通に本名なので晒せません。

3 小説の中の人物として○○○○(←あなたのペンネーム)を描写してください(自己紹介)。
 彼の名は牛乳。・・・小学校三年生の時に中二病を発症した、極めて稀な献体だ。

4 あなたの職業は?
 普通に大学生

5 あなたのバイト遍歴を教えてください(あれば)。
 高校最後の年に、派遣を少々

6 小説書き歴は。
 わからん。妄想をカキカキしてたレベルで良いなら小5~6あたりからだな。・・・9~10年か

7 小説書き以外の趣味を教えてください。
 音楽とタバコw

8 好きな小説のジャンルは。
 基本はSFですけど、現実世界を細部に至るまで忠実に再現したような空想物もかなり好きです。

9 好きな作家は。
 あまり作家を知らないんですけど、あえていえばアイザック・アシモフ

10 尊敬する作家は。
 上に同じ。俺のロジックの応酬はこっからきてます

11 好きな小説は。
 アシモフのファウンデーションシリーズ。他はゼノギアスの小説とか(戦闘描写ではすんげぇお世話になりましたw)

12 好きな映画は。
 フォレスト・ガンプとかマイフレンド・フォーエヴァーとかAIとか(全部感動モノだと今気付いた・・・)

13 好きな漫画・アニメは。
 漫画はたけし!あの笑わせて感動させての作者はすげぇ

14 好きなドラマは。
 ドラマとか良くわからんorz水戸黄門とか大岡越前とかでおk?

15 良く聞く音楽は。
 音楽性がズバ抜けているモノなら好き嫌い無く。

16 心に残る名台詞と、その出典は?
 暴力は無能者の最後の避難所である -ファウンデーション
 ある特定の事柄が無限にありそうもないとしても、その確率は常にゼロよりも大きいものだよ -第二ファウンデーション
 あるじゃーのんにはなたばをあげてください -アルジャーノンに花束を

17 月に何冊くらい本を読む?
 あんま読みませんorz

18 小説以外ではどういう本をよく読みますか。
 GIGSとか、もっぱら音楽関連です。

19 読書速度は速い方ですか遅いですか。
 かなり遅いほうだと思います。んで結構読み返してから、作者の意図だとかを探るタイプですね。

20 あなたは自分を活字中毒だと思いますか。
 活字ってナニ?

21 執筆に使用しているソフトは。
 普通にワード。ワードはいってなかった時はチッリテキストドキュメントとかいうのを使ってた。

22 初めて書いた小説のタイトル・内容。
 タイトル:スターオーシャン
 内容:まんまゲームのスタオ。でも文章は最悪ww

23 小説のタイトルはどうやってつけていますか。
 かなり適当です。思いつきって言ったほうが早いですかね?

24 あなたが書く小説のジャンルは。
 SF、ロジック攻め系(?)、ファンタジー、キモい恋愛

25 一人称と三人称、どちらで書くことが多いですか。
 三人称。

26 短編と長編、どちらが多いですか。
 数は両方同じくらいですが、長編のほうがなにかと思い入れとかあるんで好きですw

27 どのくらいのペースで小説を書いていますか。
 これも適当。「あ、やるか!」ってなったらチマチマとw

28 ストーリーと登場人物、どちらを先に決めるか。
 ストーリーです。ストーリー書いてるうちに登場人物も決まってきます。
 でも設定に凝りすぎて設定集の量がとんでもないことに・・・w

29 ストーリーはどういう時に思いつきますか。
 わかりませんw突然思いつきますw
 「あ、魔法が実は科学だったらどうだろう」
 「あ、死後の世界あるんなら生前の世界とかどうだろう」
 「あ、世界中の神戦わせてみよう」 ←いまここ

30 ストーリーはどの程度決めてから書き出しますか。
 大まか(それでもかなりの量になる設定集w)にやってからです。
 あとはどういう風に進行してくか表作って、それに沿うカタチでやってます。

31 人物の名前はどのように決めますか。
 これも適当w
 外人ぽいんだけど名前聞いただけではドコの人かわかんないみたいな名前を思いついたらそれにしてます。


32 資料をどのくらい集めてから書き出しますか。
 資料てなんすか?w
 SF系は一応頭の中に入ってる科学の法則を使います。
 でも途中で間違ってたのがわかったりするから、そのたびに書き直しorz

33 小説を書くときにあなたが気をつけていることは。
 できるだけ現実世界の法則的なものに近づけるようにしてます。

34 小説を書く能力は、どのように磨きますか。
 わからんorz いっぱい読んでいっぱい書く!

35 ネタが無いときはどうしますか。
 その作品をほっときますw
 あとは設定集とか今まで書いた部分読み返して続きが思いついたらw

36 あなたが小説を書く上で影響を受けたものはありますか。
 やっぱりファウンデーションシリーズ。SFを戦艦の大戦闘も使わないで、ロジックの応酬だけで書いているのは、正直衝撃でした

37 他の人の書いた小説を読むとき、ついつい注目してしまうのはどういうところですか。
 すげーかっこいい言い回しとか。
 クサいあからさまにキモい言い回しとかじゃなくて、多少知的な言い回しとか

38 これから書きたいテーマは。
 共産主義への反逆とかどうよ?w

39 感想はどのように得ていますか。
 見せてないからなんとも・・・

40 批評されても良いですか。
 超甘口でおねがいしますorz

41 あなたの未来予想図、22世紀の世界はどうなっていると思いますか?
 二足歩行の兵器が跋扈!・・・と思いきや、まだ戦闘機だと思います。
 西暦2954年だけど、やっぱまだ戦闘機っていう設定の小説も書いてますw

42 ますます発達する科学。人間のクローンについてあなたの考えは。
 こればかりは僕は何もいえません。一握りの優秀な哲学者を100人くらい、その命題だけに的を絞って100年近く議論させて出た答えなら、僕は信用して見ることにします。

43 超能力やUFOを信じますか?
 ある程度。超能力はまだ解明されてない科学的なモノだとして。
 異星人とかは人間がいるからたぶんいるだろうという勢いでw

44 世界の終末はどのように訪れると思いますか。
 たぶん核兵器の応酬で終幕すると思います。ま、現実的に力のある世界政府みたいなのができれば、道は開けるように思うんですが・・・。

45 世界平和は実現しますか。
 上の通り。
 力のある現実的な世界政府が出来れば可能かと思います。
 (国連はダメ、結局自国の利益ばっか主張してるんだから)

46 最近の凶悪犯罪についてどう思いますか。
 またチョンかw

47 政治家に物申す!
 あんたら汚いぜ
 予想を遥かに斜め上にいく汚さだぜ

48 宗教についてどう思いますか
 特定の人々の集団を、倫理的に間違った方向にいかないようにする点では、普通に評価します。

49 一日は二十四時間ですが、ほんとは何時間くらい欲しいですか?
 別に同じでいい
 増えたら増えたで、そのぶん増えた時間だけグータラすんなら無くても同じだろ?

50 現代に生まれてきて満足ですか。現代以外ならいつ頃生まれたかった?(過去・未来どちらでも)
 一応満足ですけど、やっぱり明治維新だとか共産の将来とか、この目で見て見たいこともないです

51 「ファンタジー」とは?
 異質の場所で、楽園に近い存在

52 何処かに引越しをするとしたら何処へ引っ越しますか。
 田舎。素でギター弾いても文句言われないくらい閑散とした田舎

53 旅は好きですか。何処へ行きたいですか。
 やっぱ田舎w
 あとインドネシアとか親日国とか、キューバとかタバコ国を見てみたい

54 登場人物の死についてあなたの所見を。
 それが必要な死である場合は、バンバン殺します
 殺すだけでなく、その後の主人公の心境の変化とかも(死ぬよりこっちのほうが重要)

55 メールや掲示板の書き込みなどで「顔文字」や「(笑)(爆)(死)」の類は使いますか?
 人によりますΨ(`∀´)Ψケケケ

56 昨今の日本語の乱れについてどう思いますか。
 俺自身かなり乱れてるのでなんともいえませんが、それも文化の変遷だと受け止めます

57 社会に不満を感じることはありますか?どういう時ですか?
 被差別者を装った特権階級を見たとき

58 小さい頃、将来何になろうと思っていましたか。
 小学校:警官
 中学校:金塊目当てのトレジャーハンター

 おい、何が起きた中学校

59 あなたの人生設計を教えてください。
 適当にブラブラしてきますw

60 外はどんな天気ですか。風景も含めて少し描写してください。
 星は見えない。空気を取り入れるための網戸に遮断されてしまったから。
 けれど、マンションの明かりなら見える。
 皮肉な事に、この都会では空を意識する機会が全く無い。
 「皮肉・・・だな。」
 そう言いながら、俺はこの暑い部屋で扇風機もつけずにいた。

61 読書感想文は得意でしたか。
 不得意です。どうして“感想文は感想を書いてはならない”の制約だけでこんなに書きにくくなるんですか?

62 国語は好きですか?好きだった学科を教えてください。
 好きじゃないですが、普通に漢字以外は点を取れてました。
 他に好きな教科は数学とか物理とか化学とか。ここにきて社会や政治にも興味がw

63 学校は好きですか。
 好きです。

64 運動は得意ですか。
 個人競技なら。団体とか球技はてんでダメです。

65 鉛筆の持ち方、正しく持ってますか?
 ・・・だと思います。

66 実生活で「あぁ自分は小説書きだな……」と実感することはありますか?どういう時ですか。
 誰かの変な行動を見て、それを頭の中で小説的文章で表現してしまったとき。

67 新聞はどこまでちゃんと読んでますか。
 テレビ覧オンリーです

68 購読している雑誌は。
 今は無いです。GIGSとかは前は結構買ってました

69 本は本屋で買いますか?古本屋?図書館派?
 前にクソミソ言いましたが、やっぱツタヤです。

70 詩・短歌・絵など、小説以外で創作をしていますか。
 音楽(バンド形態) これくらいですかね?

71 恋人はいますか。
 いません
 そしていりません

72 何をしているときが一番楽しいですか。
 楽しいと感じる事に、周りが見えなくなるくらい集中してる時。
 マジで、ギター弾いてる時とか他人の意見全く聞いてなくておこられたw

73 あなたの人生の支えはなんですか。
 一応音楽ですかね?

74 懸賞小説に応募したことありますか?その結果は?
 一度ひぐらしのやつを書こうかとおもいましたが、完成させられるか迷ってやめました

75 日記は書いていますか?
 これですかね?w

76 今までで一番衝撃的だったことは。
 Art of Lifeに出会ったとき。

77 睡眠時間は何時間くらいですか?
 普通は7
 でかい休みになると12はデフォルトでw

78 夜、眠りにつく前に布団の中で何を考えていますか。
 自分の小説の、まだ書いてない部分を妄想して(・∀・)ニヤニヤ

79 長時間電車に乗る時、車内で何をしていますか。
 音楽聴いてます

80 ネタになりそうな実体験を教えてください。
 ちょっとここでは言えません。俺の人生哲学に関わる話なんで

81 どうして小説を書くのですか。
 やりたいから

82 小説を書いていて嬉しい・楽しいときはどんな時ですか。
 後々読み返しても「すげぇなコレ」と思える瞬間

83 小説を書くうえで苦労することはなんですか。
 こっから先何書けばいいのよ・・・って状況
 とりあえずほっとくw

84 小説を書く時の状況は?(場所・時間・BGM等)
 場所:自室
 時間:主に深夜
 BGM :無音
ソノ他:お茶とコーヒー。両方共氷でキンキンに冷やしたの

85 周りの友人や家族などはあなたが小説書きであることを知っていますか。
 わからんが、家族あたりにならしられてるかもしれん

86 あなたの周りに小説書きはいますか?何人くらい?
 ヴィゾ入れれば(入れていいのか?)一人。
 潜在能力的に、架尉もやってほすぃw

87 スランプに陥ったことはありますか?どう乗り切りましたか?
 スランプかはわかりませんが、ここからどうかけって?って状況はかなりキツい
 そこをほっといて設定集みたり既に書いた部分読んだりしてるうちに、いつのまにか解決してたりする。

88 長時間パソコンと向き合っていると目が疲れませんか?対策はしていますか?
 とくに何もw

89 最近難解な漢字を使用する作家が多いようですが、あなたはどうですか?
 よう、俺

90 こういう小説は許せない!
 現実的にありえないもの
 突発的に次の話題に移るもの

91 自分の小説に満足していますか。
 一応。けど、他人にみせられるレベルの満足じゃないっすね

92 他の人のオンライン小説、どれくらい読みますか?
 オンラインかはわからんが、“勇者が行く”とか

93 同人誌に参加したことはありますか。
 ないです

94 将来的にプロ作家になりたいですか。
 いやべつに

95 それはどうしてですか。
 趣味でひっそりとやってたっていいじゃん?

96 あなたの自作小説を一つだけ薦めてください。
 いろいろあるけど、やっぱ5つの長編を束ねてあるONE TIME AXISシリーズっすかね?

97 構想中のネタをこっそり披露してください(言える範囲で)。
 ドラゴン登場!勇者けんざん!勇者カッコイー♡
 ・・・さて、これをどうやって普通じゃないっぽく書くか・・・

98 いつまで小説を書き続けますか。
 飽きるまでじゃない?

99 読者に一言。
 いや、まだ見せてないからなんとも・・・

100 あとがき。
 その後、彼らの行方を知るものは、誰もいなかった・・・。























コメント返信
サリー:俺はノット系ができるようになったんだが、ディル系がいまいち・・・

海:いろいろとw
  一応彼が立ち直れそうなの聞いて、ほっとしてます








んじゃノシ
| 雑談 | 04:04 | トラックバック:1コメント:1
夏休みはたまってたゲームをクリアしまくるか・・・
最近学校が忙しいにもかかわらず小説熱が出てきてこまごまと書いてる牛乳です|☆∀☆)ノコンバンワー
忙しいにもかかわらずブログ更新してんのは死亡説が流れないようにでして、いや、嘘です





最近新しい小説のジャンルを思いつきまして
その名も“神々の黄昏(暫定)”
世界中の宗教の神々が戦うってストーリーですw


いきさつは多神教である日本の八百万の神とこれまた多神教であるゲルマンの神が小さいいざこざで対立

大黒天あたりが滅茶苦茶な攻撃して被害多数(「大黒」の意味からして世界を焼き尽くして真っ黒にする、だからね((;゚Д゚)ガクガクブルブル)

そろそろヤヴァいから一神教の神が仲裁に入るけど流されて結局戦っちゃう 

みたいなw


うおこれいけんじゃね!?ww
とか思って布団に入って構想ねってたら、かなり深い哲学的観念とか知識とか必要になるし
だいたい神存在しない宗教あるし
そもそも俺の宗教概念じゃ神が争いになるわけがないし
それに日本の大黒天てヒンドゥー教のシヴァやんw同一人物やんどうすんの?w


ってなって打ち切る事にしましたorzナニヤッテンダロウナァ・・・


まあ、つまり神から「おまえはいちいち新しいの作ろうとするから10以上ある小説が全て未完成なんだろうが阿呆」という啓示が来たって事であきらめますた。たぶんPCの神だコレ



にしても、日本の八百万の神を主軸とした小説をいつかは書こうっていう事にはしてます。

世界には主に8個の文明があるらしいんですが、日本は日本国単体で一つの文化と世界には捉えられてるんですわ。(アメリカとかの一神教の先進国が、多神教なのに先進国になれた日本を気味悪がったってのは周知の事実ですし)
先進国なのに多神教、東洋文化があるのに西洋文化も易々と融合させる(クリスマスとかめっちゃソレですよね)、そんないきさつがあって日本が8文明の中の一つとしてあるらしいんですわ。

というわけでそんな珍しい文明があるのに日本人がそういうの書かなくてどうするYO!て思って書こうという事にしてますw




んまぁ、それにしても俺はあんまり小説とか読まない人間だから、使えそうなフレーズ取ってきたら「ああ、こいつは○○からこのセリフを取ったな」ってバレバレじゃないっすか?
というわけで、夏休みは長いのをいい事にたまってたノベルとかを色々と処分していこうと思うわけで御座いますw












あ、そうそう。
最近俺デスヴォイス出るようになりました。
後輩に教えてもらったんですが、コレはマジでデスヴォイスだ!みたいなw

今まで俺がデスだと思ってたのはデスっぽい良くわからない声だったんDEATHよ。一曲歌うだけでもトローチが必要になるくらいのw

けど正しいデスが出せるようになってからは全然声帯とか喉に負担が来ない歌い方になりましたw


でも意識しないとたまに昔のデスの出し方が混ざって声帯が痛いので、出す時は慎重に昔のデスにならないように調整して歌ってこうとおもいますw











( ̄-  ̄ ) ンー
今書いたのを読み返してみたが、神とか文化について書いた後にデスヴォイスて、俺は何人だよorz


コメント返信
ネコ:そうなる。実際最近になるまで正しい吸い方なんて出来てなかったんじゃないかな?
楽しむための喫煙じゃなくてニコチン摂取の喫煙・・・これほど哀しい喫煙はないっすね。・゚・(ノ∀`)・゚・。
理由がかっこつけだから最初の喫煙が幼稚園年長の一年まえだったりするんですよw

サリー:トラップカード!メタル化・魔法反射装甲!場にある“一般大衆”のカードにメタル化・魔法反射装甲を付け・・・・みたいなw
まあつまり、送ろうか?つぅことですね


そんじゃー☆⌒(*^-゚)ノ~♪see you again♪~ヾ(゚-^*)⌒☆
| 日記 | 22:38 | トラックバック:0コメント:2
世界が変わってきている・・・!
3Dめがねかけウルトラマンセブンだけはやったことありません牛乳です。


さて、最近いろんなところで懐古化みたいな現象が起きてきています。身近なところで色々変化してきています。
インターネットユーザーを中心に見られる右傾化
庶民のメタル化、90年代音楽化、クラシック化

そして、この懐古的な流れはたばこにまで及んでいます。






この懐古的な流れは一般的には若者層に多いらしく、変わってきているそれぞれのシーンでもやはり若者層がリーダー的存在であったりします。

あるたばこ屋の一言ですが
「最近、ゴールデンバットを買っていく若者が非常に多い。一日に200、300は売れていく」
と言ったといいます。

カッコ重視で吸い始めてからやめられなくなっているタイプの喫煙者が多いのに対し、最近の若者ではむしろタバコを俗に言う「かっこつけ」ではなく、趣向品として捉えている人が多くなっています。


かっこつけで吸う人はやはり旧三級品などの銘柄はかっこ悪くて吸えないようで、どんなにお金が無い状況でも常に300円付近の銘柄を愛飲します。

かっこだけでならそうなるんですが、最近はむしろ本当にうまい銘柄を求める人が出てきています。(常喫するとわかりますが、ゴールデンバットって上手に吸うととても“甘い”んですよ)



かなり前の日記で低タール化について危惧した内容を書きましたが、まさにそれです。
最近は高いタール・ニコチン値のたばこが売れるようになって来ました。

マルボロ史上最高値(たぶん)のマルボロブレンド27(13)や、“においがつかない”といわれるD-specにしたにもかかわらずにタール値が2も増えたアルファベットのH(12)。
そしてゴールデンバット(18)
ゴールデンバットの場合は値段の安さがさらに拍車をかけているような気もしますけどw


企業もこの流れに乗じるカタチで、タール値の高いたばこを続々と出してきています。
最近の新発売銘柄では
ナットシャーマン・ナチュラル(15)
ルート66(両切り)
コブラ・ノンフィルター(17)



何故高タール化なのか、それは、高いタール値のたばこのほうが実質的にはうまいからです。

前にも書きましたが、今はきついたばこの代名詞であるセブンスターですら、発売当初は日本で最も軽いたばこでした。
チャコールフィルターという宇宙船内の空気を綺麗にする素材を使って14というタール値まで下げられた事になります。

つまりセブンスターが登場する以前は14よりも重い銘柄ばかりしかなかった事になり、今では想像できないような重いたばこが沢山あったことになります。
(両切りピースもライトタバコの部類だったらしいですしね)


やはり加工技術の不足等でタール値を押さえられなかった事が高タールだった原因です。が、それが幸いにも“たばこ本来の味”を今以上に引き出していたんですねぇ。


たばこを趣向品と見る人達は、シガレットだけでなく葉巻やパイプにも手を出す人がいます。

まあ、ぶっちゃけ俺ですが


俺の周りにも薦めてもいないのにネオスのミニを何食わぬ顔でライブハウスで吸っていた人もいましたしw







・・・ここまで書いて結局何が言いたかったのかというと、・・・


重いたばこブームで敷島を復刻希望ww
超吸ってみてぇww
あと恩寵たばこww
超吸ってみてぇww
(なにこの最後のグダグダ感、最初の専門家みたいな文体はどこいった)



まあ、結局いろんなところで変遷が見られるけど、もしかしたらそれは本来あるべき姿に戻ろうとしているとか、素直に良いと思えるものに慣例とか気にせずガンガン手を出しているって感じで、あんま批判できないことなのかもね?ってことです



コメント返信
やはりゲーム。
脳内妄想力がある程度ある奴ならノベルのほうがいける!
というわけでメッセ乱入希望。
| たばこ | 04:31 | トラックバック:0コメント:2
| ホーム | 次ページ

プロフィール

牛乳

  • Author:牛乳
  • 今年あたりはVoで攻めてみようか・・・牛乳です。
    シガレット常喫銘柄:ゴールデンバット
    パイプ常喫銘柄:ダンヒルロイヤルヨット

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。